2022年06月16日

「猫の手、貸します 猫の手屋繫盛記」をよんで

こんにちは、「古本のりょくし堂」です。(^ ^)/

6月19日は朗読の日、ぐずついたお天気も多い
中、お家でできる絵本などの読み聞かせや、
二人で読む二人読みなど、挑戦してみるのも
面白いのでは?

***「猫の手、貸します
        猫の手屋繫盛記をよんで***

「猫の手、貸します
      猫の手屋繫盛記」 集英社文庫

著 者:かたやま和華
発行所:(株)集英社

何とも味わいのある猫侍と黒猫又の絵に魅かれ、
表紙買いをしてしまいました。
石黒亜矢子さんのイラスト、いいですねぇ〜。

猫又に白猫の姿にされた旗本の跡取りさんが、
善行を積んで人間に戻るため、長屋で何でも屋の
「猫の手屋」を営む日々が、淡々とした中にも、
江戸っ子な軽快さや、人情味でほっこりしたり、
ホロリときたり。

絡まった人の気持ちをほぐし、事件を解決して
いく通称:猫太郎さんの頑張っている姿や、町の
人々の絡みとかもいい感じです。

最初は淡々とした硬い文章が気になりましたが、
中盤には硬さが抜け、読みやすく…

時代劇小説はほとんど読んだことがなかったの
ですが、時代が違うだけで、生活も習慣も人付
き合いやら何やら、すべて違っているので、
異世界ものを読んでるような気分になりますね。

       「古本のりょくし堂」でした。


posted by りょくし堂店主 at 16:12 | 時代・歴史小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年11月15日

「チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷」著者:塩野七生

こんにちは、「古本のりょくし堂」です。(^ ^)/

今月は「歴史もの」特集をやっていますが、
”歴史もの”っていうと、日本の時代小説や歴史
小説を思い浮かべるかもしれませんが、西洋や
東洋の歴史小説や時代小説もあるので、今回は
西洋の歴史ものの紹介です。

***「チェーザレ・ボルジア
     あるいは優雅なる冷酷」***

チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷
                 新潮文庫
著者:塩野七生
発行:新潮社

内 容
ルネッサンス期にイタリアの統一を目指した
チェーザレ・ボルジアの壮絶な人生の物語が
史実と少しの創作が織り交ぜられ、描かれ
ています。

著 者:塩野七生

著 作
「コンスタンティノープルの陥落」 新潮社文庫
「ローマ人の物語」 新潮社文庫 全43巻
「神の代理人」-塩野七生ルネッサンス著作集6-
                  新潮社
                 など多数

チェーザレ・ボルジアや血縁の方々周辺の方々
の物語は優雅で残酷で、とても魅力のある題材
ですよね。

はるか昔にその辺りが描かれている分厚いコミッ
クを何冊か読みましたが、魅惑的な人物達に壮絶
な人生の物語に引き込まれて、一気読みでした。

ただ、人間関係や人物名とかごちゃごちゃしすぎ
てて何が何やら・・・

それでも夢中になって読んでましたが、今では
読んで面白かったなとか壮絶で残酷で悲劇的とい
うのくらいしか記憶になく、ストーリーや内容
など真っ白・・・
ヴ〜ん、記憶力のなさが悲しい・・・

小説で読むと、また違った魅力に出会えるかもし
れませんね。
       「古本のりょくし堂」でした。


posted by りょくし堂店主 at 17:53 | 時代・歴史小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年06月09日

おすすめ小説:「陰陽師」著者:夢枕 獏

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。

水無月、6月、梅雨の季節です。梅雨前線がじわ
じわと北上してきてますね。

紫陽花や花菖蒲や露草が雨にぬれ美しいそんな
景色を眺めながら、ちょっと風流な優雅な雰囲気
を味わってみませんか?

*****小説 「陰陽師」 *****

陰陽師」   文春文庫

著 者: 夢枕 獏
出版社: 文藝春秋

内 容
闇もあやかしも鬼も死霊も生霊も人々の身近に
あった平安時代。

楽の達人ではあるが、何かが抜けているが真面目な
源博雅が持ち込んでくる京の都の怪事件の数々を
大内裏の陰陽寮に属する陰陽師、安倍清明が
淡々と?博雅と力を合わせながら、解決していく
物語。

著 者: 夢枕 獏

作 品
「大江戸釣客伝」 上下巻 講談社文庫
「キマイラ」シリーズ ソノラマノベルズ
「ちいさな おおきな き」大型絵本 小学館
                 など他多数


岡野玲子氏により漫画化、繊細なタッチで美しく
優美に優雅!でもユーモラスあふれ「陰陽師」の
世界観がとてもあらわれている作品です。
テレビドラマ化もされましたし、野村萬斎主演で
映画化もされ、かなり話題になりましたね♪

人をくったような物言いの晴明と真面目な博雅の、
かけあいも楽しく、平安の優雅さを感じられる
伝奇小説です。

      「古本のりょくし堂」のきむらでした。

古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂


posted by りょくし堂店主 at 17:07 | 時代・歴史小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする