2022年11月18日

コミック「十二人の死にたい子どもたち」をよんで

こんにちは、「古本のりょくし堂」です。(^ ^)/

「2022年Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィク
ション本大賞」が決定しましたね。
「目の見えない白鳥さんとアートを見にいく」
   川内有緒:著 集英社インターナショナル
大賞、おめでとうございます。

見えないことで見えてくる世界とはどんな感じ
なのでしょうね。

さて、冲方丁さんの長編ミステリー小説というか
青春小説のコミカライズ版です。

***コミック
   「十二人の死にたい子どもたち」***

「十二人の死にたい子どもたち」全3巻
             アフタヌーンKC
原 作:冲方丁
漫 画:熊倉隆敏
発行所:講談社

集団自殺をするために集まった12人の少年少女たち
だが、先に死んでいる部外者がいて、話し合いと
推理を繰り返していくというお話です。

何を重要と考えるのか、何を苦痛と考えるのかなど、
価値観、倫理観、思想などは人それぞれだし、まして
国や宗教が違えば更なる違いが生まれるので、自分
の価値観だけをもとに読むと、共感できない、意味
わからんとなるお話かな?

なんとなく共感できないような、共感しにくいような
キャラクターをわざと書いているような印象もあり
ましたが…。

え?そんな理由で自殺したいの?みたいな子とか出て
きますが、その子にしたら重要で深刻なことなのだと
生い立ちや境遇、考え方、常識の違う12人の子ども
たちの話し合いの中で変化していく、心のありようは
何とも複雑で難しい・・・

こんなに常識や価値観の違う子たちをよく集めたな、
ってか書いたなって感じです。

先に死んでいた部外者の謎解きもすごかった。

ネタバレになってしまいますが、
最後、前向きな気持ちになり集団自殺で終わらなくて
ほんとよかったです。

         「古本のりょくし堂」でした。


posted by りょくし堂店主 at 11:50 | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2022年08月19日

コミック「ペンギン・ハイウェイ」再読

こんにちは、「古本のりょくし堂」です。(^ ^)/

東北の夏休みはもうすぐ終わる頃でしょうか?
8月末までの所が、羨ましかったですねぇ〜。

さて、夏っぽいものということで再読してみま
した。

***コミック
 「ペンギン・ハイウェイ」
           1〜3巻をよんで***

「ペンギン・ハイウェイ」1〜3巻
      MFコミックス アライブシリーズ

漫 画:屋乃啓人
原 作:森見登美彦
発行所:株式会社KADOKAWA

2010年に小説が出版され、2018年5月からコミック
化、その夏にアニメ映画化した作品

夏の小学生たちの奇妙奇天烈摩訶不思議な研究と
冒険、むか〜しのドタバタアドベンチャーにも
謎解きはあったけど、なんというか今どきの子?
的な理屈っぽい硬い感じ

妙に頭のいい子達やいかにもいじめっ子な子達、
なんかみんなモヤモヤを抱えている感じ…。

森見登美彦さんの作品に出てくる人物は、何かモヤ
モヤを抱えている人が多いような…。そして、
奇妙奇天烈なものが多いように思いますが、これは
子供向けに書いたのかな?という感じでした。

いろいろな不思議に巻き込まれ、色々な経験をして
成長していく子供たち、最後、困難をみんなで協力
して立ち向かっていく姿に、がんばれ!と応援した
くなります。

ちょっと、切ないお話ですが、こういう不思議体験
って、憧れますよね〜!

       「古本のりょくし堂」でした。


posted by りょくし堂店主 at 15:59 | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2022年07月14日

コミック「とんでもスキルで異世界放浪メシ」をよんで

こんにちは、「古本のりょくし堂」です。(^ ^)/

7月21日〜8月20日は”雑誌愛読月間”周りの方々
は、ファッション誌などの情報誌を読んでいる
人が多かったように思います。

昔、買った雑誌を読み返してみるのも楽しそう
ですよね。

さて、以前から気になっていたコミックを読んで
みました。

***コミック
 「とんでもスキルで異世界放浪メシ」
           1〜8巻をよんで***

「とんでもスキルで異世界放浪メシ」1〜8巻
             ガルドコミック
漫 画:赤岸K
原 作:江口連
キャラクター原案:雅
発行所:オーバーラップ

勇者召喚に巻き込まれてしまっただけの、
サラリーマンが唯一得られたスキル
”ネットスーパー”を駆使し旅をしていくお話
なのですが、魔物を倒したり、何ダリしなくても
ネットスーパーで食料などが手に入るというのは、
何とも便利なスキルですよね!

しかも作る料理は、焼き肉のたれやゴマだれ等
市販の調味料で味付け、面倒くさそうな合わせ
調味料作ってとかがなく、お手軽に作れそうな
ところが好いです。

そして、とてもおいしそう!
で、そのおいしい料理に釣られて、フェンリルや
ピクシードラゴンなど食いしん坊達が勝手に従魔
契約を結び、ご飯を要求。

獲ってくる獲物も凄く、色々なトラブルに巻き込
まれながらも楽しそうに旅をしていくのが、読ん
でいてほっこりした楽しさを感じます。

ただのスライムに見えるスイもチート能力を持つ
スライムでメチャクチャ強いし、主人公がほぼ戦
うことなくお話が進んでいくのも新鮮

ただ、毎回あの量のご飯を作るスキルはすごい…
脱帽です。

振り回されてばかりの主人公のムコーダさんの
人柄の良さも読んでいて、ほっこりします。
次のお話が楽しみでしかたありません。

       「古本のりょくし堂」でした。


posted by りょくし堂店主 at 17:37 | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする