2020年11月12日

「指輪物語」について と 臨時休業のお知らせ

こんにちは、「古本のりょくし堂」です。(^ ^)/

-------------------------------------------
臨時休業のお知らせ

誠に勝手ではございますが、
2020年11月17日(火)より1週間ほど
臨時休業とさせていただきます。

再開についましては、ショップのお知らせやTwitterにて
お知らせいたします。

お客様にはご不便とご迷惑をお掛けいたしますが、
ご了承の程、よろしくお願いいたします。
--------------------------------------------

今月は「オカルト・ファンタジー特集」ということで、
ファンタジーものからおひとつ紹介してみようかと
思います。

**「指輪物語 全10巻」**

「指輪物語 全10巻」 評論社文庫
著者:J.R.R.トールキン 訳:瀬田貞二
発行:評論社
 (※文庫・新版指輪物語セット 全9巻)

内 容
ホビット族のフロドは、譲られた『指輪』が冥王
サウロンの魔力を秘め、国を破滅させる魔力を
持つと知り、『指輪』を破壊するため、旅に出る
ことに。

旅の仲間として、魔法使いや英雄、エルフに
ドワーフなど総勢8人が旅立つ。

一方、冥王サウロンは、失った魔力を取り戻す
ため『指輪』を探し求めていた。

冥王サウロンを滅ぼし、『指輪』を破壊すること
できるのか?

恐ろしい魔力を秘めた『指輪』をめぐる冒険の
物語。

著 者:J.R.R.トールキン

そんな、「指輪物語」を取り上げた雑誌

雑誌「月刊 MOE MOEが読み解く『指輪物語』」
   特別付録:とじ込み企画 「暮らしを彩る
   オールドローズ大図鑑」 2002年6月号

雑誌「月刊 MOE 特集 ロード・オブ・ザ・リング
 二つの塔」キャラクターカード付 2003年4月号 

当店には4巻までしかなく、第一部完といった
かんじですが、全10巻まで(新版は全9巻)の
長編ファンタジーで、読み応えありまくりです。

アラン・リー氏の挿絵も魅力的で、表紙買いし
ちゃう人もいるのではないでしょうか?

映画もいいですが、原作や雑誌でも、
「指輪物語」の世界を堪能してみてはいかが
ですか?

        「古本のりょくし堂」でした。

 古本のりょくし堂はこちら⇒りょくし堂


posted by りょくし堂店主 at 16:28 | ファンタジー小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年10月09日

「コンビニたそがれ堂」を読んで

こんにちは、「古本のりょくし堂」です。(^ ^)/

今年のハロウィンはコロナの影響で、イベントが
中止、オンライン開催にと変更になっているよう
ですね。

ハロウィンまでオンラインとは…

さて、
「魔女・魔法・ハロウィン特集」ということで、
魔法のようなコンビニのお話でもということで、
  
**「コンビニたそがれ堂」を読んで**

コンビニたそがれ堂

著 者:村山早紀
発 行:ジャイブ株式会社

夕暮時になると現れる、探しているものが
見つかるという不思議なコンビニ

世の中の心が痛くなるような出来事も、その
コンビニでのちょっと変わった店員さんとの
やりとりや見つかった大事なものによって、
心がほっこりするやさしい物語に変わって
いきます。

読んでいると優しさに包まれたような、
あったたかい気持ちになれます。

         「古本のりょくし堂」でした。


posted by りょくし堂店主 at 15:03 | ファンタジー小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年04月19日

2019.5月の特集予告と「よろず占い処 陰陽屋へようこそ」を読んで

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

ゴールデンウィークの休業について
2019年4月27日(土)〜5月6日(月)までお休します。

休業中のお問合せやご注文は、5月7日(火)〜順次おって
ご連絡することになります。

5月の特集の予告
5月は”男の子の節句”ということで、
    「Boys特集」 をします。

コミックスや文庫、えほんなどからいろいろな男の子の
でている本を集めてみたいと思います。おたのしみに〜!

「よろず占い処 陰陽屋へようこそ」 
                  を読んで・・・
                  
著者:天野 頌子
発行:ポプラ文庫ピュアフル

母親に付き合って、「陰陽屋」というあやしい占いの店に
行ったのが、運の尽きの中学生の瞬太くん。

受験もあるのに、妖狐だとばれるは、眼鏡代の形に陰陽屋
でバイトすることになるはで・・・って、受験生の親の
気持ちになると、この状況!胃がキリキリしそうですね。

でも、あたたかく見守る?というかちょっといや結構
過保護なお父さんお母さんの姿にも心がほっこりします。

たまに失敗もしますが、元ホストのイケメン陰陽師の祥明
さんの口の上手さにもびっくりです。
そんな祥明とちょっと小生意気なかんじの口ぶりの瞬太
くんとのかけあいもたのしいし、お客のお悩み解決に奔走
する様や、いろいろな事件に巻き込まれてあたふたする
様子もとてもかわいくほのぼのします。

他 作 品  
「僕と死神の黒い糸」 講談社タイガ文庫
「警視庁幽霊係シリーズ」 祥伝社文庫
                    等他多数 

       「古本のりょくし堂」のきむらでした。


posted by りょくし堂店主 at 17:25 | ファンタジー小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする