2017年07月21日

おすすめ児童書:「けんた・うさぎ」著者:中川李枝子

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

今年は、暑さと豪雨に振り回されている感じの日本列島!
ニュースでは、芥川賞と直木賞が発表!!とやって
ました!!
いやぁ、もうそんな時期だったんですねぇ、暑さに
やられている場合じゃなかったぁってかんじですね!!

****「けんた・うさぎ」****

けんた・うさぎ」   子どもとお母さんのおはなし

著  者:中川李枝子
イラスト:山脇百合子(絵本作家) 
   
発行:のら書店

内 容
けんたうさぎは、おとうさんとおかあさんの3人暮らし。

朝起きたらもう遊びの始まり。昨日はいたずらうさぎ、
今日はあべこべうさぎ、明日は・・・

著  者:中川李枝子

主な著作
・ぐりとぐら(ぐりとぐらの絵本) こどものとも傑作集
                     福音館書店

・いやいやえん(福音館創作童話シリーズ) 福音館書店

・そらいろのたね  福音館書店                 
                     など他多数

イラスト:山脇百合子(絵本作家)

主な著作
・子どもへのまなざし(福音館の単行本) 福音館書店

・たんたのたんけん(新しい日本の幼年童話1)学研プラス

・あひるのバーバちゃん(創作こども文庫(2))偕成社 
                     など他多数


毎日けんたに付き合う、おとうさんとおかあさん!!
すごいなぁと感心します!!
こういうふうに、なれてたらなぁと過去を反省しても
仕方ないのですが・・・(^^;
ほのぼの家族の楽しそうな日常が6話、載っています。


       「古本のりょくし堂」のきむらでした。

古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂


posted by りょくし堂店主 at 11:53 | 児童書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年07月14日

おすすめ児童書:「大自然のふしぎ50のひみつ」「サッカーのひみつ」

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

夏休みの自由研究の参考に、いかがでしょうか?
まんがで描かれているので、お子様も勉強と
身構えないで楽しんで読めるのではないでしょうか?

**「大自然のふしぎ50のひみつ」**

大自然のふしぎ50のひみつ
             学研まんが新ひみつシリーズ

著者:ぬえ りつき
監修:奈須紀幸 
   
発行:学研マーケティング

内 容
大自然のあれこれ、世界遺産や温暖化に関することなど
など、50のひみつがぎっしりです。

著 者:ぬえ りつき

主な著作
「医学のひみつ」 学研まんが新ひみつシリーズ
「まんがぱそてん」 電波新聞社
「パルサー宇宙戦記 おとめ座の女神」 フォア文庫
                          金の星社
                               など

監修:奈須紀幸

主な著作
「海底遺跡」超古代文明の謎 講談社プラスアルファ文庫
「ここまできた!環境破壊ー総合的な学習にやくだつ<1>
            環境ホルモン汚染  ポプラ社
                     など他多数
  

**「サッカーのひみつ」**

サッカーのひみつ」 学研まんがひみつシリーズ

監 修:奥寺康彦
まんが:藤みき生
   
発行:学研マーケティング

内 容
サッカーの歴史から、ルール、テクニックまでサッカーの
あれこれが詰まってます。

監 修:奥寺康彦
    日本のサッカー選手 サッカーの指導者

まんが:藤みき生
主な著作
「味なおふたり」 芳文社コミックス
「めしざんまい」 ぶんか社コミックス 
                  など他多数


学研の「ひみつシリーズ」は、お子様の興味をひく
題材をよく取り扱っていますね!

まずは漫画として楽しんでみてはいかがですか?


    「古本のりょくし堂」のきむらでした。

古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂


posted by りょくし堂店主 at 15:59 | 児童書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年05月19日

おすすめ児童書:「ぼくらの『第九』殺人事件」著者:宗田理

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。

先週からお騒がせのランサムウエアによるサイバー攻撃
ですが、
==========================
Yhoo!JAPANニュース
 新たな大規模サイバー攻撃、水面下で進行 WannaCry超える
規模  AFP=時事 5/18(木) 5:38配信

【AFP=時事】先週から世界中のコンピューターを襲って
いるランサムウエア「WannaCry」による大規模サイバー
攻撃を上回る規模のサイバー攻撃が現在、密かに実行
されていることが分かった。
(中略)
プルーフポイントはブログで、Adylkuzzに感染すると、
ウィンドウズ(Windows)の共有データにアクセスできなく
なったり、パソコンやサーバーの動作が低下したりする
などの症状が出るが、ユーザーはすぐには気づかない
可能性があると指摘している。
==========================
との記事を見ました。世の中、サイバー攻撃だらけでこわい
ですね。(TT;)

さて、「ボーイズ特集」からのおすすめです。

***児童書「ぼくらの『第九』殺人事件」***

ぼくらの『第九』殺人事件」  「ぼくら」シリーズ

著 者: 宗田理  
出版社: ポプラ社

内 容
ぼくらは、ぼくらの仲間の中山ひとみの女子高の友達、
城山ひかるの誘いで、「第九」合唱会に参加することに。

その城山ひかるは、いたずらグループ”セブンシスターズ”
の実質的リーダーで、菊池英治を上回るいたずらの天才!!

彼女のいたずらがきっかけで、ぼくらは”殺人死体”を発見
してしまう。
ぼくらとセブンシスターズは犯人捜しゲームをはじめる
が・・

著 者: 宗田理  小説家 

作 品
2年A組探偵局シリーズ 角川つばさ文庫
東京キャッツタウン おばけアパートの秘密 角川つばさ文庫
悪ガキ7 転校生は魔女!? 静山社
                        など他多数

「ぼくらの七日間戦争」から始まった「ぼくらシリーズ」は、
25年間にわたり続編が次々と出されたヒットシリーズです。

「ぼくらの七日間戦争」は映画にもなっており、宮沢りえの
初主演作として当時はかなり注目されましたよね!
作者によれば、物語の舞台のモデルとなったのは宮城県
仙台市青葉区とのこと!!
仙台市のみな様、ちょ〜っと気になりませんか?

         「古本のりょくし堂」のきむらでした。

古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂


posted by りょくし堂店主 at 16:04 | 児童書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする