2017年12月08日

児童書:サンタクロースっているんでしょうか?改装版

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

仙台の冬の風物詩の光のページェントの点灯式が、今日
2017年12月8日(金)17時10分〜17時30分
          (点灯は17時30分〜)
せんだいメディアテーク前・緑道 にて行われます。
今年のテーマは、「みんなで灯す、心の明かり」だそう
です。

さて、
みんなが疑問に思っていることに、素敵な答えの光を灯し
くれるクリスマス本の紹介です。

***サンタクロースって
     いるんでしょうか?改装版***

サンタクロースっているんでしょうか?改装版」児童書
著者:ニューヨーク・サン新聞「社説」
 絵:東 逸子  訳:中村妙子
発行:偕成社

内 容
1987年にバージニアという8歳の少女の「サンタクロース
っているのでしょうか?」という質問に、ニューヨーク・
サン新聞の記者フランシス・ファーセラス・チャーチさん
が、社説を使いとても真面目に質問に答えたお話です。

さぁ、サンタクロースはいたのでしょうか?

著 者:ニューヨーク・サン新聞「社説」

東 逸子

作品
「サンタの友だちバージニア」偕成社
「月光公園:The moon park」ミキハウスの絵本
                  三起商行
「左手のパズル」 新書館
                  など他多数

中村妙子

作品
「ターシャテューダークリスマスのまえのばん」
                   偕成社
「クリスマス物語集」 偕成社
「火曜クラブ」 ハヤカワ文庫ークリスティー文庫
                  など他多数

とても素敵な答えが載っています。大人にこそ必要な
読んでほしい本です。
お子さんがサンタクロースってほんとにいるの?という
疑問にぴったりの答えが見つかるのではないでしょうか?

        「古本のりょくし堂」のきむらでした。

古本のりょくし堂はこちら⇒りょくし堂


posted by りょくし堂店主 at 14:53 | 児童書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年11月17日

児童書:「ふらいぱんじいさん」

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

そろそろ、しし座流星群が観測できる、見頃な時期では
ないでしょうか?
毎年ニュースでおー!!と思うものの、夕飯、お風呂など
のバタバタで忘れて寝てしまいます。f(^^;
たまにはゆっくり、夜空を楽しむのもいいですよね。

さて、
夜空ではなくおひさまがだいすきな”ふらいぱんじいさん”
の紹介です。

***児童書「ふらいぱんじいさん」***

 ふらいぱんじいさん」日本の創作幼年童話  

著 者:神沢利子

絵:堀内誠一

発行:あかね書房

内 容
まっくろななべの”ふらいぱんじいさん”はおひさま
みたいな目玉焼きを焼くのが大好き。

でも奥さんが新しい目玉焼き鍋を買ってきてしまいもう、
目玉焼きを焼かせてもらえません。

”ふらいぱんじいさん”は旅に出ることにしました。

いろいろな動物に出会い、いろいろな出来事に遭遇
しますが、海で溺れている小鳥を助けたあと、たこ
に足をねじまげられ動けなくなります。

そこへ、助けたことりがやってきて・・・


著 者:神沢利子

主な著作
「くまの子ウーフ」(くまの子ウーフの童話集)
                   ポプラ社
「まいちゃんのいちにち」(ことばえほん)小峰書房
「てんのくぎをうちにいったはりっこ」
        (こどものとも傑作集)福音館書店 
                   など他多数

:堀内誠一 イラストレーター

主な著作
「ぐるんぱのようちえん」福音館書店
「ちのはなし」(かがくのとも絵本)福音館書店
「たろうのおでかけ」福音館書店 
                 など他多数

年をとってから思い切って旅に出て、ひろい世の中
を知り、新しいステキな居場所を見つけた
”ふらいぱんじいさん”。
子どもたちにも、大人にも、ひびくものがあるお話
なのではないでしょうか?  

       「古本のりょくし堂」のきむらでした。

古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂


posted by りょくし堂店主 at 17:41 | 児童書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年08月18日

おすすめ児童書:「ニック・シャドウの真夜中の図書館」

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

梅雨明けしたはずが、梅雨の時より雨が降ってますねぇ〜!
お盆休みは、いかがお過ごしでしたか?

夏休みもあとわずか、宿題の追い込み、がんばって!!

さて、東北はすでに涼しい感じですが、ホラー特集から、
児童書とはいえ、あなどれない怖さですよ!

***「ニック・シャドウの真夜中の図書館」***

ニック・シャドウの真夜中の図書館

著 者:ニック・シャドウ
翻 訳:堂田 和美

発行:ゴマブックス

内 容
真夜中の図書館の館長のニック・シャドウが集めたイギリス
のバットエンドばかりの短篇ホラー集。

著  者ニック・シャドウ

主な著作
・真夜中の図書館 シリーズ 集英社みらい文庫

・ニック・シャドウの真夜中の図書館 シリーズ
                   ゴマブックス

翻 訳:堂田 和美 翻訳家

主な著作
・ライラの冒険 黄金の羅針盤 
     公式ビジュアルガイドブック ゴマブックス

・ストーリーブック ドラゴンボール エボリューション
  1巻〜3巻 小学館集英社プロダクション

・キーラ・ナイトレイ 世界が彼女に恋をする
           スペース・シャワーネットワーク 
                     など他多数

図書館に関したお話なのかと思っていたら、全然関係あり
ませんでした。
バットエンドばかり、理不尽、自業自得いろいろですが、
何処にでもいる普通の子ども達が、犠牲になっていく感じの
お話なので、お好みが分かれるかと思います。

バットエンド好きの方におすすめです。

       「古本のりょくし堂」のきむらでした。

古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂


posted by りょくし堂店主 at 11:35 | 児童書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする