2020年04月24日

児童書「ロボット・カミイ」 著者:古田 足日

こんにちは、「古本のりょくし堂」です。(^ ^)/

本の幼稚園の子供たちのように、元気に幼稚園や
学校に通い遊び学ぶ、子供たちの姿を早く見たい
ものですね♪

そのためにも、ゴールデンウィークはお家で、
過ごしてコロナ終息!させましょう〜!!

***児童書「ロボット・カミイ」***

「ロボット・カミイ」 福音館創作童話シリーズ

著者:古田 足日
絵:堀内 誠一    
発行:福音館書店

内 容
段ボールで作った、男の子のロボットのカミイに
声をかけたら返事をして、外に飛び出していって
しまいました。

わがままで泣き虫なカミイ、幼稚園に行ったカミイは
自分勝手な事ばかり、みんなに仲間外れにされます。
ところがある日・・・

著者 : 古田 足日 児童文学作家

主な作品
絵本「おしいれのぼうけん」 童心社
絵本「ダンプえんちょうやっつけた」 童心社
児童書「大きい1年生と小さな2年生」 偕成社
                 など他多数

幼稚園のお子様にお母さんが読んであげることが
多そうな感じの本ですが、自分で読むなら、小学生
低学年の子むけの本です。

そして、意外な結末に読んでいるお母さんのほうが、
なみだ、なみだのようです。

クラスの中に、ロボットのカミイのような子が、
一人はいるのではないでしょうか?

リアルな幼稚園の生活は、子供たちに自分たちの
世界と重ねてかんじることができ、集団生活や
お友達とのことなどを考えるきっかけになる。
そんなお話です。

                 「古本のりょくし堂」でした。


posted by りょくし堂店主 at 17:04 | 児童書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年02月14日

児童書「チョコレート工場の秘密」

こんにちは、「古本のりょくし堂」です。(^ ^)/

今日はバレンタインディ、チョコレートの本と
いえば、これかな?ってことで、

***「チョコレート工場の秘密」***

チョコレート工場の秘密
著 者:ロアルド・ダール 
イラスト:クエンティン・ブレーク
発 行:評論社

内 容
チャーリーが住んでいる町に、不思議なチョコ
レート工場があり、そのウォンカの工場に五人の
子供たちが招待されることになった。

奇跡的に手に入れた招待状を手に、その昔その
チョコレート工場で働いていたというおじいちゃん
と共にウォンカのチョコレート工場へでかけた。

そこには、癖のある親子4組が・・・
そこへ現れた一風変わった紳士、ウィリー・
ウォンカが工場を案内する。

不思議がいっぱいで楽しいチョコレート工場。

しかし、ウィリー・ウォンカの不評をかい1組、
また1組と消えていく親子・・・

チャーリーとおじいちゃんは最後まで工場を
見学することができるのでしょうか?

著 者
ロアルド・ダール
イギリス 小説家 脚本家

作 品
「ガラスのエレベーター宇宙にとびだす」
        田村隆一:訳  評論社
「魔法のゆび」 宮下嶺夫:訳  評論社

最近、体にいいといわれるカカオ72%のビター
チョコを買ってますが、やっぱり甘〜いチョコが
食べた〜い (⋈◍>◡<◍)。✧♡

どっぷりあま〜いチョコが食べたくなります♪

      「古本のりょくし堂」でした。


posted by りょくし堂店主 at 16:29 | 児童書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年05月17日

「エルマーのぼうけん」 ルース・スタイルス・ガネット/ルース・クリスマン・ガネット

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

連休の時に水戸でツツジ祭りがやっていたのですが、仙台
はいまツツジがきれいに咲き誇っています。

水戸のツツジは背がとても高く、トンネルのようになって
いるところもあり、迷路のようでちょっとト○ロっぽい
冒険気分が味わえました。

さて、子供も大人もワクワクする冒険のお話の紹介です。

「エルマーのぼうけん」

エルマーのぼうけん新版」  
                  
著 者:ルース・スタイルス・ガネット
絵  :ルース・クリスマン・ガネット
発 行:福音館書店

内 容
エルマーは友だちになった老猫に、どうぶつ島につかまっ
ているりゅうの子を助けるよう頼まれます。
  
猫に教えられた道具を持って、りゅうの子を助ける冒険
に旅立ちます。

他 作 品  
エルマーとりゅう  福音館書店
エルマーと16ぴきのりゅう  福音館書店


語り口がちょっと堅い感じはしますが、たのしい冒険もの
です。

地図がついているので、冒険の前や冒険の最中、後にみて
楽しめるのもいいです。

地図をみながら進むことで、冒険がよりよりリアルに、
自分も一緒に冒険をしているかのように、感じられるの
ではないでしょうか?                    

       「古本のりょくし堂」のきむらでした。

古本のりょくし堂はこちら⇒りょくし堂


posted by りょくし堂店主 at 16:47 | 児童書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする