2021年03月12日

絵本「ビリーはもうすぐ1ねんせい」読了と「送料変更のお知らせ」

こんにちは、「古本のりょくし堂」です。(^ ^)/

この時期になると、
家の子がとっても背が小さく気にしていたのを
心配した母が、2年生になる前に、
「大きい1年生と小さな2年生」偕成社 の本を
買ってきてくれたことを思い出します。

子どもの心配や不安をやさしく溶かしてくれる
絵本っていいですよね。

***絵本「ビリーはもうすぐ1ねんせい」***

「ビリーはもうすぐ1ねんせい」 
       
 文 :ローレンス・アンホールト
 絵 :キャスリン・アンホールト
 訳 :松野正子
発 行:岩波書店

はじめていく学校への不安や心配が渦巻いている
様子に、うんうんこんなんだったかなぁ〜と
昔を振り返ってみたり、不安や心配を乗り越え、
学校になじんでいく様子に、ほっこり、じ〜ん
です。

 :ローレンス・アンホールト

作 品
「わたしようちえんにいくの」
ローレンス・アンホールト/
  キャスリン・アンホールト 文化出版局

「モネのまほうのにわ」
    ローレンス・アンホールト/あべのりこ
    アンホールトのアーティストシリーズ
                  バベル
              など他多数あり

送料変更のお知らせ

昨今の郵便料金などの値上げなどに伴い、送料の
変更を行いましたが、今一度、検討し、下記の
通り3月25日より送料を変更させていただくこと
になりました。

変更前
・1回のご購入につき
       1〜4冊まで 全国一律 350円
       5冊以上      全国一律 560円
変更後
・1回のご購入につき、
       1〜2冊まで 全国一律 310円
         3〜5冊まで 全国一律 520円
                    6冊以上    810円〜

ご理解いただけますようお願い申し上げます。
今後とも、ご愛顧下さいますようお願い申し
上げます。

        「古本のりょくし堂」でした。


posted by りょくし堂店主 at 12:02 | えほん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年12月11日

絵本「サンタクロースと小人たち」と「年末年始休業のお知らせ」

こんにちは、「古本のりょくし堂」です。(^ ^)/

年末年始休業のお知らせ

2020年月12月30日〜2021年1月3日を年末年始休業
とさせていただきます。
ご迷惑をお掛けしますが、ご理解とご協力の程
宜しくお願い申し上げます。

ご注文、メールなどの対応は2021年1月4日より
順次対応させていただきます。

さて、クリスマスにちなんでクリスマス絵本の
紹介です。

***「サンタクロースと小人たち」***

「サンタクロースと小人たち」 絵本
著者:モーリ・クナス  訳:稲垣美晴
発行:偕成社

内 容
サンタさんは冬以外は何をしているの?
何処にすんでいるの?
どうして欲しいものが分かるの?
プレゼントは、どうやって用意するの?
どうやって、一晩で世界中にプレゼントを届けるの?

そんな疑問に答えてくれる、北欧の村で大勢の
小人たちと暮らすサンタクロースの一年間
の生活が描かれている、可愛く楽しいクリスマス
の時期にはかかせない絵本です。

著 者
モーリ・クナス(マウリ・クンナス)
フィンランド出身 絵本作家 

作 品
「ひゃーおばけがいっぱい!」 偕成社 
「 ぐっすりメーメーさんのワードブック」猫の言葉社
「 サンタクロースとまほうのたいこ」偕成社   
                  など他多数

           「古本のりょくし堂」でした。

古本のりょくし堂はこちら⇒りょくし堂


posted by りょくし堂店主 at 11:36 | えほん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年11月24日

「12月の特集の予告」と「おひさん、あめさん」

こんにちは、「古本のりょくし堂」です。(^ ^)/

12月の特集の予告です。

12月の特集は、
 「クリスマス特集」 です。

営業再開のお知らせ
長らくお休みをいただいておりました当店の営業を、
2020年11月24日(火)より再開することとなりました。

突然の臨時休業によりお客様にはご不便とご迷惑を
お掛けいたしましたこと、深くお詫び申し上げます。
再開後もよろしくお引き立てのほどお願い申し上げ
ます。

年を取ると、色々と出てきていやですねぇ〜(;.;)
みな様も色々お気をつけてお過ごしくださいませ。

***「おひさん、あめさん」***

「おひさん、あめさん」

童謡:金子みすゞ 選:矢崎節男 絵:森川百合香
発行:JULA出版局

ふんわりとやわらかい言葉をあたたかくてかわいい
絵を見ながら読んでいると、自分の心もやわらかく
しずかな気持ちになれるような気がします。


コロナウィルスの影響で、読書量が増えたことにも
関係するのかもしれませんが、”詩集”を読む人も
増えているそうで!

コロナ疲れに効く〜!というご意見も!
たしかに疲れた心に沁みわたりますねぇ♪
     
         「古本のりょくし堂」でした。


posted by りょくし堂店主 at 17:18 | えほん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする