2021年01月22日

小説「メグル」著者:乾ルカ

こんにちは、「古本のりょくし堂」です。(^ ^)/

積読本をよく見ずに読み始めてしまたのですが、
なんかこの雰囲気、この感じ、何だっけ?
デジャブ感を感じ、著者を見て納得でした。

大して本を読んでない記憶力の悪い私でも、
とても印象深く残るほどの圧倒的空気感!!

***小説「メグル」著者:乾ルカ***

「メグル」 創元推理文庫
著 者:乾ルカ
発 行:東京創元社

大学の学生部に勤務するユウキさんに名指しで
紹介されるバイトのお話、5編

全体的になんか不穏なというか不安をかき立てる
ようか雰囲気、ちょっと陰のある文章に次、
何があるのか何が起こるのか!読まずにはいられ
なくなります。

不穏な空気が一変、最後は心が温かくなるそんな
不思議なお話。
ユウキさんが紹介したバイト限定ですが…

著 者:乾ルカ

作 品
君の波が聞こえる 新潮社文庫
てふてふ荘へようこそ 角川文庫
明日の僕に風が吹く KADOKAWA
                など他多数

乾氏の描く言葉の数々は独特の空気、世界観に
満ちていて、美しく繊細な心と光景にどっぷり
浸かってしまうそんな文章です。

        「古本のりょくし堂」でした。

スポンサードリンク




posted by りょくし堂店主 at 10:18 | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする