2020年06月19日

「宮沢賢治の本」と「7月の特集の予告」

こんにちは、「古本のりょくし堂」です。(^ ^)/

7月の特集の予告です。

7月の特集予告
 「夏休みおすすめ本特集」 

コロナの影響で、学校が再開したばかりで夏休み
があるのか疑問ではありますが、まぁ、多少は
あるのでは?ということで、絵本や小説など
集めてみたいと思います。

さて、今月は宮城県・岩手県コーナー特集という
ことで、岩手県の宮沢賢治氏の本の紹介です。

***「宮沢賢治」***

宮沢賢治の作品は有名ですが、本人はどんな人
だったのでしょう?
そんな賢治の事を書いた本も多く出版され
ています。例えば、

宮沢賢治37年の生涯を描いた
「宮沢賢治」 まんが岩手人物シリ-ズ
        泉秀樹(作)/山田えいし(絵)
        地方・小出版流通センター

写真と賢治の世界感をえがいた
「雨ニモマケズ」  カラ-ブックス
           小松正衛   保育社

賢治が遺したことばの数々が載っている
「かなしみはちからに」
       斎藤孝(監修)/奥山淳志(写真)
                朝日新聞出版
                    など

色々な角度からみた宮沢賢治を知ることによって、
読みなれた宮沢賢治作品もまた違う物語がみえて
くるかもしれませんよ?
    
          「古本のりょくし堂」でした。

スポンサードリンク




posted by りょくし堂店主 at 17:13 | りょくし堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする