2016年06月10日

おすすめ小説:「花を捨てる女」著者:夏樹静子

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

月刊flowers7月号(小学館)に萩尾望都「ポーの一族」の
新作が40年ぶりに登場!!って、もう買わなきゃって!!
ほんと思っちゃいますよね♪(年代的に・・・(笑))

即、売り切れで、少女雑誌にしては異例の重版となった
そうで、やはり、萩尾望都氏の人気、健在といったところ
ですね♪

少年コミックの「ディー・グレイマン」の25巻もやっと
発売されたし、ワクワクドキドキな感じです。

さて、今月の『ミステリー特集』のなかから、これまた
なつかしい「Wの悲劇」 光文社文庫の著者、
夏樹静子氏の作品を紹介します。
  
***「花を捨てる女」著者:夏樹静子 ***

「花を捨てる女」 新潮社文庫
著 者:夏樹静子
出版社:新潮社

内 容 
表題作を含む6編の短編

女は毎日、新しい花束を買っては捨てていた。
女の執念深さが恐ろしい「花を捨てる女」

「夫は本当に今の暮らしに満足しているのだろうか・・?」
と得体のしれない予感に脅かされる妻の「家族写真」

家出から戻った妻が別人だと親友が通報する
「アイデンティティ」など、

女の心の奥の情念、執念を描いた推理短編集。


著 者夏樹静子 小説家 推理小説家

作 品
「Wの悲劇」 光文社文庫
「天使が消えていく」 光文社文庫
「蒸発ーある愛の終わり」 光文社文庫 
                  など他多数

「Wの悲劇」は当時、「セーラー服と機関銃」や「探偵物語」
の主演で話題の薬師丸ひろ子氏主演で映画化され、話題
になってましたよね?

といっても、映画はオリジナルストーリーだったので、小説
とは違っていたようですが・・・

さて、「花を捨てる女」6編の推理短編集は、女性の心を
繊細に描いているのにあっさりと読みやすく、けれどシンの
しっかりした推理小説で、他の作品も、もっと読んでみた
くなるような作品です。

          「古本のりょくし堂」のきむらでした。

古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂

スポンサードリンク




posted by りょくし堂店主 at 11:31 | ミステリー小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする