2015年09月30日

小説「水の中のふたつの月」乃南アサ 著 の紹介

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

2015年9月27日、旧暦8月15日の「中秋の名月」と28日の
「スーパームーン」はいかがでしたでしょうか?

海外では、「スーパームーン」の皆既月食が見られた
そうで、さぞ見ごたえがあったのではないでしょうか?

宮城県仙台市の野草園では、「お月見の会」がひらかれ
絵灯籠のやわらかい灯りの中、オカリナと鈴虫の共演の
横で、野だてをいただく・・・なんとも風流な催しが
あったそうです。

さて、今回は「乃南アサ」さんの作品です。

*****「水の中のふたつの月」*****
             
「水の中のふたつの月」  角川文庫

著者:乃南 アサ
発行:角川書店

 古本のりょくし堂はこちら⇒りょくし堂

内 容
「忙しい」が口癖で、予定がない日を嫌い、次から次へと
予定を入れてスケジュール帳を埋めるOLの亜理子は、
幼なじみの恵美から十数年ぶりにかつての仲良し三人組で
会おうと電話をもらった。

虚言癖があり、指摘すると烈火のごとく怒り出す恵美。
潔癖症で、短い時間で何回も手を洗わないと気がすまない
梨紗。

3人は小学校時代の友達だったが、ある事件をきっかけに
ばらばらに・・・。

十数年ぶりに会った恵美は、恋人・哲士を2人に紹介する。

3人が心の奥底に封印した子供の頃の恐ろしい記憶が
甦る。

著 者
乃南 アサ
東京出身
1988年「幸福な朝食」 日本推理サスペンス大賞 
           優秀作を受賞
1996年「凍える牙」  直木三十五賞受賞
2011年「地のはてから」中央公論文芸賞受賞

著 作
「いちばん長い夜に」 新潮文庫
「結婚詐欺師 上下巻」 新潮文庫
「鎖 上下巻」 新潮文庫
「風の墓碑名(エピタフ) 上下巻」 新潮文庫
「嗤う闇」 新潮文庫        他多数


女性のドロドロした部分ばかりなので、女の人が怖く
なってしまうかも・・・

オカルトというかサイコパスでしょうか?

壊れた人間って、ほんと怖いですよね・・・

乃南アサさんの作品、これ以外は好き♪という方も
結構いらっしゃるようですね。


       「古本のりょくし堂」のきむらでした。

スポンサードリンク




posted by りょくし堂店主 at 22:09 | ミステリー小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする