2021年07月16日

絵本「ひとまねこざるときいろいぼうし」読んで

こんにちは、「古本のりょくし堂」です。(^ ^)/

実は、ちゃんと読んだことがなかったのですが、
なかなか突飛な感じの絵本でびっくりでした。

***絵本「ひとまねこざると
       きいろいぼうし」***

「ひとまねこざるときいろいぼうし」
            岩波の子どもの本
文・絵:H.A.レイ
訳:光吉夏弥
発行:岩波書店

ひとまねこざるのジョージのこざるらしい、
いたずらっ子な自由奔放さが愛らしい的な
絵本なのかなぁと、思っていたのですが、
正にそうでした。

が、私的には、きいろいぼうしのおじさんの
こざるに対しての、放任主義ぷりにビックリな
絵本でした。
        「古本のりょくし堂」でした。


posted by りょくし堂店主 at 11:08 | えほん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする