2020年06月12日

「二月の雪、三月の風、四月の雨が輝く五月をつくる」著者:内館牧子

こんにちは、「古本のりょくし堂」です。(^ ^)/

今年はコロナで、五月の爽やかな風と心地の良い
葉音と日陰を感じる間もなくバタバタと過ぎて
しまい、気が付いたら梅雨入りって!!
なにかとびっくりですわ〜。

さて、「今月の特集」の宮城県からのおすすめ
です。

***エッセイ
「二月の雪、三月の風、四月の雨が
       輝く五月をつくる」***

「二月の雪、三月の風、四月の雨が
             輝く五月をつくる」

著者:内館牧子   
発行:潮出版社

内 容
内館氏が東北大学大学院入学を機に読売新聞
東北版に掲載されたもので、仙台愛、東北愛
に満ちたパワフルなエッセイ

著者 : 内館牧子

主な作品
「終わった人」 講談社文庫
「すぐ死ぬんだから」 講談社
「女盛りは不満盛り」 幻冬舎文庫
              など他多数

「二月の雪、三月の風、四月の雨が
            輝く五月をつくる」
とても美しいタイトル、杜の都仙台の爽やかな
ケヤキ並木が目に浮かびます。

ますます仙台が好きになる1冊です。

            「古本のりょくし堂」でした。


posted by りょくし堂店主 at 17:10 | Book いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする