2020年06月19日

「宮沢賢治の本」と「7月の特集の予告」

こんにちは、「古本のりょくし堂」です。(^ ^)/

7月の特集の予告です。

7月の特集予告
 「夏休みおすすめ本特集」 

コロナの影響で、学校が再開したばかりで夏休み
があるのか疑問ではありますが、まぁ、多少は
あるのでは?ということで、絵本や小説など
集めてみたいと思います。

さて、今月は宮城県・岩手県コーナー特集という
ことで、岩手県の宮沢賢治氏の本の紹介です。

***「宮沢賢治」***

宮沢賢治の作品は有名ですが、本人はどんな人
だったのでしょう?
そんな賢治の事を書いた本も多く出版され
ています。例えば、

宮沢賢治37年の生涯を描いた
「宮沢賢治」 まんが岩手人物シリ-ズ
        泉秀樹(作)/山田えいし(絵)
        地方・小出版流通センター

写真と賢治の世界感をえがいた
「雨ニモマケズ」  カラ-ブックス
           小松正衛   保育社

賢治が遺したことばの数々が載っている
「かなしみはちからに」
       斎藤孝(監修)/奥山淳志(写真)
                朝日新聞出版
                    など

色々な角度からみた宮沢賢治を知ることによって、
読みなれた宮沢賢治作品もまた違う物語がみえて
くるかもしれませんよ?
    
          「古本のりょくし堂」でした。


posted by りょくし堂店主 at 17:13 | りょくし堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年06月12日

「二月の雪、三月の風、四月の雨が輝く五月をつくる」著者:内館牧子

こんにちは、「古本のりょくし堂」です。(^ ^)/

今年はコロナで、五月の爽やかな風と心地の良い
葉音と日陰を感じる間もなくバタバタと過ぎて
しまい、気が付いたら梅雨入りって!!
なにかとびっくりですわ〜。

さて、「今月の特集」の宮城県からのおすすめ
です。

***エッセイ
「二月の雪、三月の風、四月の雨が
       輝く五月をつくる」***

「二月の雪、三月の風、四月の雨が
             輝く五月をつくる」

著者:内館牧子   
発行:潮出版社

内 容
内館氏が東北大学大学院入学を機に読売新聞
東北版に掲載されたもので、仙台愛、東北愛
に満ちたパワフルなエッセイ

著者 : 内館牧子

主な作品
「終わった人」 講談社文庫
「すぐ死ぬんだから」 講談社
「女盛りは不満盛り」 幻冬舎文庫
              など他多数

「二月の雪、三月の風、四月の雨が
            輝く五月をつくる」
とても美しいタイトル、杜の都仙台の爽やかな
ケヤキ並木が目に浮かびます。

ますます仙台が好きになる1冊です。

            「古本のりょくし堂」でした。


posted by りょくし堂店主 at 17:10 | Book いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年06月05日

6月の特集について

こんにちは、「古本のりょくし堂」です。(^ ^)/

「第3回ノンフィクション本大賞」投票がスタート
しましたね。

昨年は「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっと
ブルー」著:ブレイディみかこ が大賞を受賞し
て、ベストセラーに!

今年はどんな本がノミネートされ、大賞を受賞
するのか楽しみですね♪

さて、6月の特集「宮城県・岩手県コーナー特集」
どんな本を特集しているのか、一部紹介したいと
思います。
 
***6月の特集
   「宮城県・岩手県コーナー特集」***

「せんだいノート」
   仙台・宮城ミュージアムアライアンス/
   仙台市教育委員会 仙台市市民文化事業団

「二月の雪、三月の風、四月の雨が輝く
               五月をつくる」
             内館牧子 潮出版社

「遠野物語新版」 柳田国男 角川文庫
      角川ソフィア文庫 角川学芸出版

「一筋の道」 瀬戸内寂聴 集英社文庫 集英社
                    など

他にも色々あるので、のぞいてみてください。

       「古本のりょくし堂」でした。

古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂


posted by りょくし堂店主 at 17:08 | りょくし堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする