2023年02月03日

2月の特集「本にまつわる本特集」について

こんにちは、「古本のりょくし堂」です。(^ ^)/

友チョコ、自分チョコ、親子チョコなど年々、
○○チョコがふえていっているような…?
バレンタインの季節、さて今年はどうしたものやら…

さて、2月の特集 「本にまつわる本特集」
どんな本を特集しているのか、一部紹介したいと
思います。
 
***2月の特集
       「本にまつわる本特集」***
雑誌
・月刊MOE 特集 世界一面白い絵本がいっぱい!
       E・カールと遊ぼう  2000年4月号

・本の雑誌 ダ・ヴィンチ 
      宣言 本も読まない男に明日はない! 
      鶴田真由表紙  1996年6月号

小説
「朗読者」  ベルンハルト・シュリンク
          /松永美穂 新潮文庫 新潮社

「南極のペンギン王国」
  メアリー・ポープ・オズボーン/食野雅子
  マジック・ツリーハウス メディアファクトリー

その他
「ビジネスマンが読んでおくべき101冊の本」
           知的生きかた文庫 三笠書房
                    など
他にも色々あるので、のぞいてみてください。

       「古本のりょくし堂」でした。

古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂


posted by りょくし堂店主 at 16:43 | りょくし堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2023年01月20日

「水晶庭園の少年たち」をよんで と「2月の特集の予告」

こんにちは、「古本のりょくし堂」です。(^ ^)/

直木賞と芥川賞、発表されましたね〜!
2023年本屋大賞ノミネート作品も決定⁉
本屋さんも本好きさんも、盛り上がる時期です
ねぇ。

さて、
   2月の特集の予告   です。
2月は
    「本にまつわる本特集」 
                 をします。
本にかかわっている小説や教養雑学書やコミック
を集めてみたいと思います。

***「水晶庭園少年たち」***

「水晶庭園の少年たち」 集英社文庫
作者:蒼月海里
発行:集英社

愛するものを立て続けに失いショック状態の
中学生の樹君が、土蔵の中にいた不思議な少年
との出会いから、祖父の遺した鉱物の魅力に
惹かれ、鉱物や鉱物に関わる人々と交流していく
不思議でやさしい物語。

鉱物の説明やミネラルショーの歩き方なども
小説の中で自然に学ぶことができ、不思議体験
などと共に、鉱物の美しさ魅力を感じることの
できる何とも、合理的ファンタジック。

石の精にあいたくなる、鉱物沼への入り口でも
あり、人の心に寄り添う優しいお話でもあります。

       「古本のりょくし堂」でした。


posted by りょくし堂店主 at 12:30 | ファンタジー小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2023年01月12日

コミック「たぬきときつねと里暮らし」をよんで

こんにちは、「古本のりょくし堂」です。(^ ^)/

なんか、かわいいコミックを見つけて、即買いして
しまいました!

***コミック
   「たぬきときつねと里暮らし」***

「たぬきときつねと里暮らし」 全3巻
             ウルトラジャンプ
著 者:くみちょう
発行所:集英社

仕事を辞めて、田舎のおばーちゃん家に引っ越し
てきた泰葉さんが、野生化した落葉町のきつねと
たぬきの神様(自覚なし)と出会い、暮らしていく
お話。

のんびりとやさしい空気感、たぬきときつねの
神様のやることなすこと全てがかわいい!!
見ているとほっこり、癒されます。
野性味も、ちょこちょこと感じられます。

道路や看板、風景など実際の秩父の風景をもとに
描かれているので、この看板のある道、見つけた!
とか、図書館とか商店やら、この風景見つけた!
とか、旦那は別な楽しみ方をしてました。

ほっこりできるし、面白いし、別な楽しみ方も
できるたのしいコミックです。

         「古本のりょくし堂」でした。


posted by りょくし堂店主 at 15:24 | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする