2018年08月10日

「ハンニバル(上下巻)」 著者: トマス・ハリス

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

東北の酷暑からの一気に10℃以上も下がった最高気温に
ガクブルで、コタツまで出してしまった方もいたそうです
よ!!。(@n@;

さて、別な意味での寒さはいかがでしょうか?

***「ハンニバル(上下巻)」***

ハンニバル(上下巻)」  新潮文庫

著 者: トマス・ハリス 訳:高見浩 
発行:新潮社

内 容
「羊たちの沈黙」の続編
監獄からの血みどろの逃亡から7年後、平穏に過ごして
いたレクター博士に復讐の魔の手が・・・

著 者: トマス・ハリス

主な著作
「レッド・ドラゴン 上下巻」 ハヤカワ文庫
「羊たちの沈黙 上下巻」 新潮文庫

「羊たちの沈黙」や「ハンニバル」を映画で見た方も、
多いのではないでしょうか?

「ハンニバル」、映画とは違う、意外なラストに
賛否両論といったところでしょうか?
改めて、小説で読んでみるとまた違った感慨があるかも
しれませんよ?

                      「古本のりょくし堂」のきむらでした。
  
   古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂


posted by きむら at 17:10 | ホラー小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年08月03日

8月の特集「ミステリー・ホラー特集」について

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

異常気象といえるような酷暑続きの日本列島!!
暑いときの定番!きもだめし!百物語!ということで、
今年も「ミステリー・ホラー特集」です。

さて、今月の特集
  
***8月の特集
     「ミステリー・ホラー特集***

どんな本を特集しているのか、一部紹介したいと思い
ます。

・本の雑誌「ダ・ヴィンチ真夏のホラー紀行へご招待
   スペシャルインタビュー:山田詠・小池真理子・
   飯野賢治  西田ひかる表紙  1997年9月号

・「前巷説百物語」 京極夏彦 角川文庫 角川書店

・「押入れのちよ」 荻原浩 新潮文庫 新潮社

・「ついてくる」 吉村達也 角川ホラー文庫 角川書店

・「ミザリ-」 スティ-ヴン・キング/矢野浩三郎
               文春文庫 文藝春秋

・「イギリス怪奇物語」 出口保夫
      Chobunsha live 潮文社

・「親しき仲にも殺意あり」 赤川次郎 集英社文庫
                    集英社

・「マジックミラー」 有栖川有栖 講談社文庫
                    講談社

・「Ifの迷宮」 柄刀一 光文社文庫 光文社

・「ヘルズ・キッチン
      ジェフリー・ディーヴァー/渋谷正子
        ハヤカワ・ミステリ文庫 早川書
                    など

他にも色々あるので、のぞいてみてください。
なんか、題名だけでも背筋が涼しくなりそうな感じ
ですよね・・・。(^^;

    「古本のりょくし堂」のきむらでした。

古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂


posted by きむら at 15:31 | りょくし堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年07月19日

「ちびねこグルのぼうけん」世界傑作童話シリーズ

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

熱中症で救急搬送された方のニュースが毎日、とびかっ
てますね〜!!
ほんと、暑くてクラクラだるだるになりますが、水分補給
を忘れずに、気を付けて過ごしたいものですね!

さて、夏休みの読書感想文にかわいい猫ちゃんの本など
いかがでしょうか?

***「ちびねこグルのぼうけん」***

ちびねこグルのぼうけん」 世界傑作童話シリーズ

著 者:アン・ピートリ 訳:古川博巳・黒沢優子 
  絵:大社玲子
発行:福音館書店

内 容
新しい飼い主のジェームズさんと奥さんはねこの言葉が
わからないことにイライラの子猫のグル。
短気なグルは、「ちくしょう!」が口癖。
ねこの言葉がわかる人たちと出会い、成長していく
グルの姿が描かれています。 

著 者:アン・ピートリ

:大社玲子
主な著作
・くろグミ団は名探偵シリーズ 岩波書店
・だめといわれてひっこむな 東京子ども図書館
・じゃんけんのすきな女の子 学研教育出版  など

本の中でグルは、チョコやアイスを食べてましたが、
ねこにチョコやアイスは中毒症状などを起こすから
あげないようにしないと!!ですよね。

                    「古本のりょくし堂」のきむらでした。
  
   古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂


posted by きむら at 15:58 | 児童書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする