2018年06月22日

「豊かさとは何か」 著者:暉峻淑子

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

30年ほど前から言われてきた長時間労働、やっと働き方
改革をしないとと、問題提起されていますが、人手不足
の問題もあり、副業を絶賛していますよね!

本業だけちょっと改善されても、副業もとなったら?
そして自宅介護も絶賛してますが、仕事と介護の両立が
成り立っていない現実が無視されているような?

仕事に家事に介護、寝る時間・休息の時間はいずこに?
30年前より、豊かさが遠のいているような気がするの
ですが、どうでしょう?

***「豊かさとは何か」***

豊かさとは何か」 岩波新書

著 者:暉峻淑子
発行:岩波書店

内 容
1989年出版の本。バブル期の当時の日本の住宅事情や
教育、介護、働き方などの問題を提起し、モノやサービス
だけがあふれてはいるが、豊かではない。
本当の豊かさとは何か?について書かれている本。

著 者:暉峻淑子

主な著作
・「社会人の生き方」 岩波新書
・「格差社会をこえて」 岩波ブックレット
・「豊かさへのもうひとつの道」 かもがわCブックス
                      など

29年も前の本ですが、未だに根本的問題は改善されて
いない、むしろ悪化?しているのでは・・・
本当の豊かさとは何か?を考えさせられる本。

続編「豊かさの条件」も一緒に読むといいかも!ですね。

「古本のりょくし堂」のきむらでした。
  
   古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂


posted by きむら at 16:18 | 教養書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年06月08日

「バカの壁」 著者:養老孟司

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

近年、小説などの物語ではなく実用書やビジネス書、
教養書といった、実生活に役立つ役立ちそうな本たちが
注目を集め、売れ筋ランキング上位を占めていますよね!

娯楽よりも・・・?今の世相の顕れなのでしょうか?

さて、そういった本があまり目立たなかった頃の2003年
のベストセラー!!流行語大賞にもなったこの本!
今回の「教養書特集」の中からの1冊です。

***「バカの壁」***

バカの壁」 新潮新書

著 者:養老孟司
発行:新潮社

内 容
一つの考えに囚われ、わかった気になりそれ以上を理解
しようとしなくなるそれが「バカの壁」
多面的な思考を大切にし、「バカの壁」で思考停止
しないよう他人の気持ちを理解しようとする努力が大切

著 者:養老孟司

主な著作
・「死の壁」 新潮新書
・「虫眼とアニ眼」 新潮文庫
          養老孟司:著 宮崎駿:著
・「半分生きて、半分死んでいる」 PHP新書
                      など

インタビューをそのまま本にしたものなので、なんか
まとまりがないような感じがするかもしれませんね。

情報ばかり溢れている昨今、わかった気になっている
ことが多いのではないでしょうか?

「古本のりょくし堂」のきむらでした。
  
   古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂


posted by きむら at 16:25 | 教養書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年06月23日

「日本人なら知っておきたい日本文学」 著者:蛇蔵/海野凪子

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。

来月7月に宮城県の石巻市で一箱古本市が開催さ
れます。一箱古本市の他にもいろいろイベントが
あるみたいなので、お散歩がてら、観光のついで
にでものぞいてみませんか?

「第6回石巻一箱古本市2017」
 日時:2017年7月22日(土) 11時〜16時
 場所:石巻市中心商店街各所
  HP:http://bookishinomaki.com/event/
  ツイッター:https://twitter.com/isnmk_hondana

さて、今回のおすすめです♪

***「日本人なら知っておきたい
                                     日本文学」***

日本人なら知っておきたい日本文学
 
著 者: 蛇蔵/海野凪子
出版社: 幻冬舎

内 容
日本文学をマンガでわかりやすく解説してあります。

有名な日本文学上の有名人物「清少納言・紫式部・
藤原道長・安倍晴明・源頼光・菅原孝標女・鴨長明・
兼好・ヤマトタケル」の9人を独自の解釈を加え
ながら、書いた人の人となりから面白おかしく
描かれてます。

著 者: 蛇蔵/海野凪子

作 品
「日本人の知らない日本語」1〜4巻 
                メディアファクトリー

蛇蔵 「決してマネしないでください。」 
          モーニングコミックス 講談社


ベストセラー『日本人の知らない日本語』1〜4巻
の著者の本です。

小難しそうな古典が、昔の人たちがとても生き生きと
楽しく描かれていて、身近に感じられ、古典って
おもしろいかも〜っと思えちゃう、古典文学も読んで
みたくなる本です。

教科書の前にまずは、これ!!ですかね♪

      「古本のりょくし堂」のきむらでした。

古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂


posted by きむら at 14:45 | 教養書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする