2018年04月13日

「桐島、部活やめるってよ」著者:朝井リョウ と 2018年本屋大賞について

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

新年度が始まり、なにかとめまぐるしい日々を送っている
あたりではないでしょうか?

そんな新年度早々、青春真只中な本はいかがでしょう?

***「桐島、部活やめるってよ」***

桐島、部活やめるってよ」 集英社文庫

著 者:朝井リョウ
発行:集英社

内 容
桐島が部活を辞めたことに影響を受け、動き出す少年少女
たちのオムニバスストーリー。

著 者:朝井リョウ

主な著作
・「何者」 新潮社文庫
・「武道館」  文春文庫
・「チア男子」 集英社文庫
                    など他多数

高校生活の中でのカースト制、部活や心情などのリアル
さに、自分たちの高校時代を思い出すかも?

     古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂

さて、4月10日に2018年本屋大賞が発表されましたね!!

=========================
大賞 「かがみの孤城」 著者:辻村深月 ポプラ社

2位「盤上の向日葵」 著者:柚月裕子 中央公論新社
3位「屍人荘の殺人」 著者:今村昌弘 東京創元社
4位「たゆたえども沈まず」 著者:原田マハ 幻冬舎
5位「AXアックス」 著者:伊坂幸太郎 KADOKAWA
6位「騙し絵の牙」 著者:塩田武士 KADOKAWA
7位「星の子」 著者:今村夏子 朝日新聞出版
8位「崩れる脳を抱きしめて」 著者:知念実希人 
                  実業之日本社
9位「百科の魔法」 著者:村山早紀 ポプラ社
10位「キラキラ共和国」著者:小川糸 幻冬舎

参照:https://www.hontai.or.jp/ 本屋大賞 
   2018年4月13日検索
=========================

大賞は、辻村深月氏の「かがみの孤城」
             おめでとうございます♪
表紙も素敵ですよね。
しかしどれも、題名からして興味をそそられるものが
ありますね〜♪

       「古本のりょくし堂」のきむらでした。


posted by きむら at 18:23 | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年03月30日

「青の数学」著者:王城夕紀 と山形の一箱古本市 

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

入学・進学準備はおすみでしょうか?
子どもたちからはよく、算数や数学がきらいとか苦手と
いうようなことを聞きますが、これを読むと数学って
大変そうだけど楽しいのかも!!と思うかも・・・?

***「青の数学」***

青の数学」(全2巻) 新潮文庫

著 者:王城夕紀
発行:新潮社

内 容
雪の日に出会った名も知らぬ女子高生の「数学って何?」
の言葉から始まった。

数学に青春をかける、栢山と数学のコミュニティサイト
の少年少女たちの物語

著 者:王城夕紀

主な著作
・天盆 中公文庫
・マレ・サカチのたったひとつの贈り物 中央公論社
                    
草原に光が雪のように降っているそんな中にいるよう
な物語。

時には美しく広大な数学世界に触れられたかと思うと、
今度は、泥沼の底なし沼に飲み込まれたようにどうし
ようもできなくなるそんな中を苦しみながらも、前に
進んでいこうとする少年少女たちの姿が痛々しくもあ
り、美しくもある、そんな美しい数学の世界にふれて
みませんか?

      「古本のりょくし堂」のきむらでした。


「一箱古本市@山形」 の紹介

県内外から本好きが集まって、1日だけの古本屋を
オープンします。

【日時】 2018年5月5日(土・祝)10時〜15時
     ※雨天決行
【場所】 山形まなび館・前庭 (荒天時は館内)
     山形市本町1-5-19 山形駅から徒歩15分 

カジワラ珈琲さんの珈琲豆の販売と試飲&ドリップ
体験コーナーもあるので、お散歩がてら覗いてみて
はいかがでしょうか?


posted by きむら at 14:11 | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年03月09日

おすすめ:「疾風ガール」 著者:誉田哲也

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

先日、暴風警報出ていたのについついいつも通り、自転車
に乗ってしまい大後悔!!

下り坂なのに漕がないと前に進めなく、倍以上の疲労感
でした。(>n<;

冬と春がせめぎ合い、疾風吹き荒れるこの季節にいかが
でしょう?

***「疾風ガール」***

疾風ガール」 光文社文庫

著 者:誉田哲也

発行:光文社

内 容
芸能マネージャーの宮原祐司は夏美のいるロックバンド
のライブに衝撃を受け、ギターリストの夏美をスカウト
しようとしていた。

そんな時に、ボーカルの薫が自殺!!

ショックを受けた夏美は、宮原と共に薫の自殺の真相を
探る。

著  者:誉田哲也

主な著作
・ストロベリーナイト 光文社文庫

・武士道シックスティーン 文春文庫

・ガール・ミーツ・ガール 光文社文庫 
                    など他多数

バンドの青春小説と思いきや、自殺の真相を探るという
重いテーマですが、題名のように疾風を感じられるので
はないでしょうか?

「ガール・ミーツ・ガール」光文社文庫 が続編。
続けて読んでみるのもいいですね。

       「古本のりょくし堂」のきむらでした。

古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂


「第11回 一箱古本市定禅寺ブックストリート
        ぷらす もったいないエコ市」

日にち:2018年4月29日(日・昭和の日)
              (雨天時:4月30日)
時 間:10時〜15時
場 所:定禅寺通り 緑の回廊

に開催です♪
3月1日より、出店の募集も開始してます。
若葉生えるけやき並木、本と戯れてみてはいかが
ですか?
カフェや手作り品やリサイクル品などもあります
よ〜!


posted by きむら at 13:54 | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする