2020年02月14日

児童書「チョコレート工場の秘密」

こんにちは、「古本のりょくし堂」です。(^ ^)/

今日はバレンタインディ、チョコレートの本と
いえば、これかな?ってことで、

***「チョコレート工場の秘密」***

チョコレート工場の秘密
著 者:ロアルド・ダール 
イラスト:クエンティン・ブレーク
発 行:評論社

内 容
チャーリーが住んでいる町に、不思議なチョコ
レート工場があり、そのウォンカの工場に五人の
子供たちが招待されることになった。

奇跡的に手に入れた招待状を手に、その昔その
チョコレート工場で働いていたというおじいちゃん
と共にウォンカのチョコレート工場へでかけた。

そこには、癖のある親子4組が・・・
そこへ現れた一風変わった紳士、ウィリー・
ウォンカが工場を案内する。

不思議がいっぱいで楽しいチョコレート工場。

しかし、ウィリー・ウォンカの不評をかい1組、
また1組と消えていく親子・・・

チャーリーとおじいちゃんは最後まで工場を
見学することができるのでしょうか?

著 者
ロアルド・ダール
イギリス 小説家 脚本家

作 品
「ガラスのエレベーター宇宙にとびだす」
        田村隆一:訳  評論社
「魔法のゆび」 宮下嶺夫:訳  評論社

最近、体にいいといわれるカカオ72%のビター
チョコを買ってますが、やっぱり甘〜いチョコが
食べた〜い (⋈◍>◡<◍)。✧♡

どっぷりあま〜いチョコが食べたくなります♪

      「古本のりょくし堂」でした。


posted by きむら at 16:29 | 児童書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年05月17日

「エルマーのぼうけん」 ルース・スタイルス・ガネット/ルース・クリスマン・ガネット

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

連休の時に水戸でツツジ祭りがやっていたのですが、仙台
はいまツツジがきれいに咲き誇っています。

水戸のツツジは背がとても高く、トンネルのようになって
いるところもあり、迷路のようでちょっとト○ロっぽい
冒険気分が味わえました。

さて、子供も大人もワクワクする冒険のお話の紹介です。

「エルマーのぼうけん」

エルマーのぼうけん新版」  
                  
著 者:ルース・スタイルス・ガネット
絵  :ルース・クリスマン・ガネット
発 行:福音館書店

内 容
エルマーは友だちになった老猫に、どうぶつ島につかまっ
ているりゅうの子を助けるよう頼まれます。
  
猫に教えられた道具を持って、りゅうの子を助ける冒険
に旅立ちます。

他 作 品  
エルマーとりゅう  福音館書店
エルマーと16ぴきのりゅう  福音館書店


語り口がちょっと堅い感じはしますが、たのしい冒険もの
です。

地図がついているので、冒険の前や冒険の最中、後にみて
楽しめるのもいいです。

地図をみながら進むことで、冒険がよりよりリアルに、
自分も一緒に冒険をしているかのように、感じられるの
ではないでしょうか?                    

       「古本のりょくし堂」のきむらでした。

古本のりょくし堂はこちら⇒りょくし堂


posted by きむら at 16:47 | 児童書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年03月15日

「あしながおじさん」 著者:ウェブスター

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

春休みが終わるといよいよ4月、新年度の始まりです。
入学進学シーズン到来!高校、大学と入学金に授業料、
校納金などなどお金にも悩む季節でもあります。

さて、そんな大学進学の奨学金を援助してくれた
「あしながおじさん」の本の紹介です。

**「あしながおじさん」 
          著者:ウェブスター **

あしながおじさん」 新学社文庫45

著 者:ウェブスター
出版社:新学社

内 容 
孤児院で育った少女ジュディが、院の生活をシニカルに
書いた作文を見込まれ、評議員の一人が彼女に、毎月
手紙を書くことを条件に大学進学のための奨学金を援助
してくれることに?!

ジュディは援助の評議員を「あしながおじさん」と呼び、
日々の生活をつづった手紙をだします。

その手紙自体が作品の内容になっています。が「あしな
おじさん」からの返事はなく、ジュディの一方的な
手紙の内容となっています。

ジュディはいろいろな人々との交友や、小説の商業出版
をし、大学を卒業、作家を目指し、小説を書きながら
これまでも長期休暇期間に訪れていたロック・ウィロー
農園で生活を始めます。

ある時、ジュディはあしながおじさんへ、相談の手紙を
出します。

あしながおじさんから会って話を聞くという返事が・・・


著 者:ジーン・ウェブスター

作 品
「続 あしながおじさん」偕成社文庫
「あしながおじさん」新潮文庫
「おちゃめなパッティ」 ブッキング
「おちゃめなパッティ 大学へ行く」 ブッキング

手紙文なので、堅そうなイメージはありますが、ジュディ
ユーモラスな発想と文章で、生き生きと魅力的な内容と
なっています。

         「古本のりょくし堂」のきむらでした。

古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂


posted by きむら at 15:17 | 児童書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする