2018年07月19日

「ちびねこグルのぼうけん」世界傑作童話シリーズ

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

熱中症で救急搬送された方のニュースが毎日、とびかっ
てますね〜!!
ほんと、暑くてクラクラだるだるになりますが、水分補給
を忘れずに、気を付けて過ごしたいものですね!

さて、夏休みの読書感想文にかわいい猫ちゃんの本など
いかがでしょうか?

***「ちびねこグルのぼうけん」***

ちびねこグルのぼうけん」 世界傑作童話シリーズ

著 者:アン・ピートリ 訳:古川博巳・黒沢優子 
  絵:大社玲子
発行:福音館書店

内 容
新しい飼い主のジェームズさんと奥さんはねこの言葉が
わからないことにイライラの子猫のグル。
短気なグルは、「ちくしょう!」が口癖。
ねこの言葉がわかる人たちと出会い、成長していく
グルの姿が描かれています。 

著 者:アン・ピートリ

:大社玲子
主な著作
・くろグミ団は名探偵シリーズ 岩波書店
・だめといわれてひっこむな 東京子ども図書館
・じゃんけんのすきな女の子 学研教育出版  など

本の中でグルは、チョコやアイスを食べてましたが、
ねこにチョコやアイスは中毒症状などを起こすから
あげないようにしないと!!ですよね。

                    「古本のりょくし堂」のきむらでした。
  
   古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂


posted by きむら at 15:58 | 児童書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年04月18日

児童書:「はじめてのキャンプ」著者:林明子

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

はじめてづくしの新入生の子どもたちは、まだまだバタ
バタな毎日なのでしょうか?
暖かくなってきて、アウトドアにもいい季節です。
そろそろ、キャンプをする方もいるのではないでしょう
か?

***「はじめてのキャンプ」***

はじめてのキャンプ
著 者:林明子
発 行:福音館書店

内 容
ちいさな女の子、なほちゃん
おおきい子たちに、「ちいさい子は〜」と反対されま
すが、おおきい子たちのキャンプについて行く!!と
がんばります。
おばさんとの約束をがんばるなほちゃん。
はじめてのキャンプはどうなるのでしょう?

著 者:林明子

主な著作
・「はじめてのおつかい」著者:筒井頼子 絵:林朋子
                    福音館書店
・「とん ことり」   著者:筒井頼子 絵:林朋子
                    福音館書店
・「こんとあき」    林朋子     福音館書店
                    など他多数

はじめての一人でのキャンプ。行く子どもはドキドキ
わくわく、待っている親はドキドキはらはら、です
よね。
がんばるなほちゃんとなんだかんだ言いながら手助け
してくれるおおきい子たち、ほのぼのしますよ〜。

     古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂
       「古本のりょくし堂」のきむらでした。

宮城県仙台市のイベント
「第11回 一箱古本市定禅寺ブックストリート
          ぷらす もったいないエコ市」
日にち:2018年4月29日(日・昭和の日)
              (雨天時:4月30日)
時 間:10時〜15時
場 所:定禅寺通り 緑の回廊
HP:http://attakakokoro-net.jimdo.com


posted by きむら at 18:04 | 児童書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年12月08日

児童書:サンタクロースっているんでしょうか?改装版

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

仙台の冬の風物詩の光のページェントの点灯式が、今日
2017年12月8日(金)17時10分〜17時30分
          (点灯は17時30分〜)
せんだいメディアテーク前・緑道 にて行われます。
今年のテーマは、「みんなで灯す、心の明かり」だそう
です。

さて、
みんなが疑問に思っていることに、素敵な答えの光を灯し
くれるクリスマス本の紹介です。

***サンタクロースって
     いるんでしょうか?改装版***

サンタクロースっているんでしょうか?改装版」児童書
著者:ニューヨーク・サン新聞「社説」
 絵:東 逸子  訳:中村妙子
発行:偕成社

内 容
1987年にバージニアという8歳の少女の「サンタクロース
っているのでしょうか?」という質問に、ニューヨーク・
サン新聞の記者フランシス・ファーセラス・チャーチさん
が、社説を使いとても真面目に質問に答えたお話です。

さぁ、サンタクロースはいたのでしょうか?

著 者:ニューヨーク・サン新聞「社説」

東 逸子

作品
「サンタの友だちバージニア」偕成社
「月光公園:The moon park」ミキハウスの絵本
                  三起商行
「左手のパズル」 新書館
                  など他多数

中村妙子

作品
「ターシャテューダークリスマスのまえのばん」
                   偕成社
「クリスマス物語集」 偕成社
「火曜クラブ」 ハヤカワ文庫ークリスティー文庫
                  など他多数

とても素敵な答えが載っています。大人にこそ必要な
読んでほしい本です。
お子さんがサンタクロースってほんとにいるの?という
疑問にぴったりの答えが見つかるのではないでしょうか?

        「古本のりょくし堂」のきむらでした。

古本のりょくし堂はこちら⇒りょくし堂


posted by きむら at 14:53 | 児童書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする