2019年07月13日

絵本「三びきのやぎのがらがらどん」

こんにちは、「古本のりょくし堂」です。(^ ^)/

夏休みも近いからなのか、テレビでもワクワク
するようなアニメや映画のラインナップが続き
ますね〜♪

本屋さんでも夏休みの読書や自由研究にむけた
ワクワクな感じの絵本や児童書が並んでいて、
もう夏休みなんだなぁ〜と月日の早さを実感です。

***絵本三びきのやぎのがらがらどん」***

三びきのやぎのがらがらどん
           世界傑作絵本シリーズ
                  
作  :ノルウェーの昔話
絵  :マーシャ・ブラウン
訳  :瀬田貞二 
発 行:福音館書店

内 容
三びきのやぎが怪物のトロルがいる橋を一匹ずつ
渡りながら、トロルをやり過ごしたり、戦うお話
です。

小さいやぎと中くらいのやぎの言葉に「へ?それ
いいの?」とビックリしましたが、大きいやぎへ
の信頼とか三びきが渡りきるための知恵なの
かなぁと思うようになりました。

昔からとても人気のある絵本で、迫力のある絵に
一気に絵本の世界に引き込まれます。                 

       「古本のりょくし堂」でした。

古本のりょくし堂はこちら⇒りょくし堂


posted by きむら at 10:56 | えほん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年04月12日

「しろいうさぎとくろいうさぎ」著者:ガース・ウィリアムズ/訳:松岡享子

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

本屋大賞発表されましたね〜!!
「そしてバトンは渡された」著者:瀬尾まいこ 文芸春秋

こちらも、愛情について書かれた本ですが、こちらの絵本
も愛情にあふれてますよ!

**「しろいうさぎとくろいうさぎ」**

「しろいうさぎとくろいうさぎ 」 
                    
著者:ガース・ウィリアムズ/訳:松岡享子 
発行:福音館書店

内 容
毎日一緒に遊んでいるなかよしの、しろいうさぎ
とくろいうさぎ、でもくろいうさぎがかなしそう。
くろいうさぎの願い事を知ったしろいうさぎは・・・

著 者:ガース・ウィリアムズ

作 品  
「ねえねえあそぼ」 講談社
「ベンジャミンのたからもの」 あすなろ書房
「大草原の小さな家 インガルス一家の物語(2)」
     作:ローラ・インガルス・ワイルダー 
     絵:ガース・ウィリアムズ  福音館文庫
                    等他多数 

:松岡享子

作 品  
「おふろだいすき」著:松岡享子 絵:林朋子
                   福音館書店
「なぞなぞのすきな女の子」著:松岡享子 
                   学研プラス
「さるのオズワルド」  著:エゴン・マチーセン 
            訳:松岡享子  こぐま社
                    等他多数

最初読んだときは、恋のお話?ほのぼのしていてかわい
いなぁという感じでした。

よく読んでみると、とても愛情に満ちた愛情の深さを
感じる絵本でした。絵もとても繊細でやわらかくやさ
しい絵です。どちらかというと、大人向けですかね?
好きな人などへのプレゼントにもいいかもしれない
ですね♪

       「古本のりょくし堂」のきむらでした。

古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂


posted by きむら at 16:21 | えほん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年02月15日

「ジョン バーニンガム氏」と「トミー・ウンゲラー氏」

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。

今年に入ってから、素敵な絵本を書いていた方々が
次々とお亡くなりになっているようで、とても残念
です。

2人の作家さんの作品名をちょこっとだけ、紹介
です。

「ジョン バーニンガム」
絵本作家

作 品
「くものこどもたち」 ほるぷ出版
「ALDO?わたしだけのひみつのともだち」ほるぷ出版
「ひみつだから!」 岩崎書店
「いつもちこくのおとこのこ
 -ジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシー」
                  あかね書房
「旅するベット」 ほるぷ出版
                  など他多数
2019年1月4日逝去
ちょっと皮肉の利いた楽しい作品の数々です。

「トミー・ウンゲラー」
児童文学作家 イラストレーター

作品
「すてきな三にんぐみ」 偕成社
「あおいくも」 ブロンズ新社
「へびのクリクター」 文化出版局
「エミールくんがんばる」 文化出版局
「月おとこ」 評論社
                 など他多数

2019年2月9日逝去
ファンタジックな中にも現実的な部分もからまった作品達

ジョン バーニンガム氏の作品も、トミー・ウンゲラー氏
の作品も、子供が読んでも大人が読んでも楽しめる絵本の
数々、素敵な作品をありがとうございました。
ご冥福をお祈り申し上げます。
            
           「古本のりょくし堂」でした。


posted by きむら at 16:17 | えほん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする