2020年03月14日

えほん「人魚姫」

こんにちは、「古本のりょくし堂」です。(^ ^)/

3月末には、アンデルセンの誕生日4月2日の前後
2週間の3月27日〜4月9日までの絵本週間が始まり
ます。

これを機に絵本を楽しんでみてはいかがでしょう!
ということで、アンデルセン童話の紹介です。

***えほん「人魚姫」***

人魚姫
                          
著  者:ハンス・クリスチャン・アンデルセン
イラスト:ラズロ・ガル
発  行:ほるぷ出版

内 容
王子様に恋した人魚姫は、海の魔女に声と引き換え
に尾びれを人間の足に変える薬をもらい、人間の姿
となります。

王子様に助けられ、一緒に暮らせることになりまし
たが、声が出ないので嵐の時に王子様を助けたこと
も話すことができません。

王子様は、命の恩人だと思い込んでいる隣国のお姫
様と結婚してしまいます。
王子様から愛してもらえなかった人魚姫は・・・

著 者:ハンス・クリスチャン・アンデルセン

作 品
「雪の女王」「おやゆびひめ」
「はだかのおうさま」      などなど

有名な人魚姫のお話ですが、一般に知られている
のとは違い、はしょられていなくほぼ原作に近い
ので、こういうくだりがあったのかとか深みの
増したお話を堪能することができますよ。

イラストも絵本というより、絵画を見ているよう
とても繊細で美しく飾りたくなる本です。

       「古本のりょくし堂」でした。

古本のりょくし堂はこちら⇒りょくし堂


posted by きむら at 17:06 | えほん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年02月21日

えほん「おしゃべりなたまごやき」 と「3月の特集予告」

こんにちは、「古本のりょくし堂」です。(^ ^)/

3月の特集予告
    ガールズ特集

女の子の節句のある3月はガールズ特集かな?
ということで、えほんやコミック、小説などから
女の子の本を集めます。

さて、先週に続き、食べ物つながり?な感じで

***えほんおしゃべりなたまごやき」***

おしゃべりなたまごやき
           日本傑作絵本シリーズ
               
著 者:寺村輝夫  イラスト:長新太
発 行:福音館書店

内 容
たまごやき大好きな王様、ぎゅうぎゅう詰めの
鶏小屋から鶏を逃がしてしまいます。

家来の人たちは大わらわ!

犯人を捜しますが・・・

著 者:寺村輝夫

作 品
「こまったさん」シリーズ あかね書房
「王さま」シリーズ 理論社

イラスト:長新太

作 品
「ゴムあたまポンたろう」童心社
「へんてこライオン」シリーズ 小学館

いたずらしたり、嘘ついたりと子どものような
お茶目な王さまにほのぼのするお話です。
目玉焼きが食べたくなるかも・・・

       「古本のりょくし堂」でした。

古本のりょくし堂はこちら⇒りょくし堂


posted by きむら at 14:58 | えほん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年01月18日

えほん「チリとチリリ」を読んで

こんにちは、「古本のりょくし堂」です。(^ ^)/

直木賞と芥川賞が発表されましたねぇ〜!
直木賞 川越宗一氏の「熱源」
芥川賞 古川真人氏の「背高泡立草」

候補作品出たのつい最近のような気がするので
すが・・・時間たつの早いわぁ〜!

1月に入ったばかりですが、春の香り満載の
えほんです。

***えほん「チリとチリリ」を読んで***

チリとチリリ
               
著者:どい かや 
発行:アリス館

チリとチリリが自転車で森の中にお出かけする
お話なのですが、出てくる飲み物やサンドイッチ
が可愛くておいしそう〜

きっさてんやサンドイッチやさん、ホテルの
建物もすんごく、かわいい♪

こんなきっさてんやホテルがあったら行って
みたい!!

髪が風をうけて気持ちよさそうに自転車に乗って
森の中のお出かけする様子に、自転車でお散歩
したくなりました。(春になったら!)

あたたかい色とやわらかいふんわりした絵と
かわいいものおいしそうなものたくさん⁉それに
チリとチリリの愛らしさに、癒されまくりです。

       「古本のりょくし堂」でした。


posted by きむら at 15:29 | えほん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする