2018年09月21日

画集「シルフィード」風の妖精 著者:きたのじゅんこ

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

外に一歩踏み出すと、金木犀の香りに包まれる、そんな
季節がきました。

足元には曼珠沙華の花が・・・、秋を感じさせる花々の
隙間に、ほほをすり抜ける風の中に、いるかもしれま
せんよ?

***画集「シルフィード」***

画集「シルフィード」風の妖精(ギフトブックシリーズ) 
著 者:きたのじゅんこ 
発 行:新書館

内 容
きたのじゅんこ氏の繊細でやわらかなタッチの絵に
書下ろしの詩、風の妖精の存在を感じられる一冊です。

著 者:きたのじゅんこ

主な著作
「精霊の国」サンリオ画集シリーズ
「星たちの祈り(JUNKO KITANO FANTASY
                 COLLECTION)」
                     小学館
「セレスティアル」天上の調べ
         (ギフトブックシリーズ)新書館
                                                                など

ランプを包んでるようなやわらかな光を抱いた繊細で
美しいきたのじゅんこ氏の絵、見る人を絵の世界に
引き込む不思議な魅力があります。

                 「古本のりょくし堂」のきむらでした。
  
   古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂


posted by きむら at 16:41 | Book いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年09月14日

「幻獣夜話」 ファンタジ-・ファイル

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」
ノミネート10作品が、本屋大賞のサイト
https://www.hontai.or.jp/)に発表されてました!

ノンフィクションだから、歴史や伝記など事実を基にした
作品ですよね〜。真実を!記憶を!風化させないとかなん
とか・・・ノンフィクションって、使命とか大切そうな
ものが詰まっている感じがしますよね。

さて、真逆の”ファンタジー特集”から

***「幻獣夜話」***

幻獣夜話」 ファンタジ-・ファイル 

著 者:オフィス新大陸
  
発行:ジャパン・ミックス

内 容
ファンタジーものにでてくる幻獣や魔獣、妖精などを
物語にのせ、紹介している。
事典的なもの?

今や、この手の本はあちこちから色々と出てる感じ
ですよね!

新紀元社のTruth In Fantasy は最たるもので、文庫に
もなってコンパクト。絵もとても素敵ですよね〜。
ファンタジー好きはがっつり揃えて、本棚に並べたくな
るシリーズですよねぇ。

ファンタジーをノンフィクションとは真逆のと書いちゃ
いましたが、神話や民話、伝説など源流になっている
ものもあり、どこかに事実が入っていないとは限らな
そうなものもありますよね。

       「古本のりょくし堂」のきむらでした。
  
   古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂


posted by きむら at 16:43 | Book いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年05月25日

「変なおじさん」 著者:志村けん

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

お知らせ
2018年5月30日(水)より、ショッピングカートの機能変更
に伴い、以下の機能がご利用いただけなくなります。
【ご利用いただけなくなる機能】
・GMO IDでのログイン
・商品購入にともなうGMOポイントの利用ならびに付与
             
お客様にはご不便・ご迷惑をおかけしてしまい申し訳
ございませんが、今後ともりょくし堂をよろしくお願い
申し上げます。

今回の「Boys特集」は、お笑いタレント系の方の本
をいくつか載せてみました。今日はその中からの1冊
です。

***「変なおじさん」***

変なおじさん

著 者:志村けん
発行:日経BP社

内 容
志村けん氏のエッセイ。
お笑いに対する考えや思いが真摯にかかれています。
コントの台本も収録

「変なおじさん」「変なおじさんリターンズ」
単行本2冊が合わさった本「変なおじさん 完全版」
が新潮社の新潮文庫からでています。

著 者:志村けん

主な著作
・「志村流 遊び術」マガジンハウス
・「志村けん-わたしはあきらめない」KTC中央出版
・「志村流-金・ビジネス・人生の成功哲学」
                 マガジンハウス
                      など

テレビのコントしているのとは違う一面がみれますよ!
「古本のりょくし堂」のきむらでした。
  
   古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂


posted by きむら at 14:33 | Book いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする