2019年02月22日

「3月の特集」と「ポプラの秋」著者:湯本香樹実

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。

邪気を祓うという桃の花、梅や桜は結構身近に咲い
てますが、桃の花ってあまり見た記憶がないよーな
気がしませんか?スーパーや花屋以外で。
わたしだけ?

梅の花の後に桃の花が咲くそうで、その後が桜の花
写真を見たのですが、桜にそっくり!!でした。
見てても気づかず、「桜?はやいねぇ〜」なんて
言ってたかも・・・ですね。(^^;

りょくし堂の「3月の特集」について
 
3月は桃の節句ということで、今年も
  「Girls特集」  を行います。
子どもからおばあちゃん、その他もろもろ女の子の
出てくる小説や絵本などを集めます。お楽しみに〜

**「ポプラの秋」**

ポプラの秋」  新潮文庫
著 者: 湯本香樹実 
出版社: 新潮社

内 容
父を亡くした千秋、母に連れられポプラの木のある
アパートに引っ越した。

父の死を受け入れられない千秋に、怖そーな大家の
おばあさんが不思議な話をした。
その不思議な話とは・・・?

優しいアパートの住人達と大家のおばあさんとの
交流に千秋の心も解きほぐれていく。

著 者: 湯本香樹実
    
作 品
小説 「夏の庭」  新潮社文庫
小説 「西日の町」 文春文庫
絵本
「くまとやまねこ」 イラスト:酒井駒子 河出書房新社
                     など他多数

「夏の庭」「西日の町」では老人と少年、「ポプラの秋」
では、老人と少女の交流を通して、
絵本「くまとやまねこ」も「生」と「死」をテーマに
えがかれています。

「生」と「死」をテーマにというと、とても重そうな感じ
で敬遠しがちですが、「ポプラの秋」、ほっこり心が
温かくなるようなお話です。

        「古本のりょくし堂」のきむらでした。

古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂

スポンサードリンク




posted by きむら at 15:18 | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする