2018年07月12日

「なくむしずかん」 みるずかん・かんじるずかん  絵本

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

春から秋にかけて、虫が飛び交う季節ですね!
虫の生体などの図鑑は色いろありますが、鳴き声に注目
した本ってなかなかないですよね!!

***「なくむしずかん」えほん***

なくむしずかん」 みるずかん・かんじるずかん 

著 者:大野正男 絵:松岡達英 もじ:篠原栄太
発行:福音館書店

内 容
図鑑というより見た目、絵本です。
虫の鳴き声の図鑑で、55種もの虫がリアルな絵で描かれ
ています。
まずは、虫の鳴き声が書かれており、
次ページに虫の絵があり、どの虫がどんな泣き声で
鳴くのかがわかります。
巻末には、音を出す仕組みの解説などもあります。

幼児〜小学生くらい

著 者:大野正男
主な著作
・「地面の下のいきもの」みるずかん・かんじるずかん
                    福音館書店
・「昆虫博士入門」全農協・観察と発見シリーズ
                全国農村教育協会
・「飼育と観察」学研の図鑑  学習研究社   
                      など

絵:松岡達英
主な著作
・「冒険図鑑」ー野外で生活するために
       (Do!図鑑シリーズ) 福音館書店
・「だんごむしそらをとぶ」 小学館
・「ぼくのロボット大旅行」福音館の科学シリーズ
                   福音館書店

公園や草むらで耳を澄ませて、虫を楽しめるようになる
素敵な絵本ではないでしょうか?

「古本のりょくし堂」のきむらでした。
  
   古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂

スポンサードリンク




posted by きむら at 17:03 | えほん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする