2018年08月24日

「第三の時効」 著者:横山秀夫

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

本屋大賞のサイト(https://www.hontai.or.jp/)で、
”「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション
本大賞」を実施”というニュースをみました!!

9月には、ノミネート作品が発表され、二次選考が
スタートし、11月には、大賞作品発表だそうです。
新たな分野の本屋大賞、どんな本が選ばれるのか?
たのしみですね♪

さて、ミステリー・ホラー特集から

***「第三の時効」***

第三の時効」  集英社文庫

著 者:横山秀夫   
発行:集英社

内 容
警察小説の短編集。
主人公はそれぞれ違うが、同じ県警捜査一課のお話
なので、それぞれに繋がりを感じられる短編集。

著 者:横山秀夫

主な著作
「クライマーズ・ハイ」 文春文庫
「臨場」 光文社文庫
「出口のない海」 講談社文庫
                   など

警察ものの小説って、まじめで堅そうなイメージですが、
濃い際立つキャラ、意表を突いた落ち、警察小説を普段
読まないなぁという方も、ちょっと覗いてみると面白い
かもしれませんよ?

                      「古本のりょくし堂」のきむらでした。
  
   古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂 

スポンサードリンク




posted by きむら at 16:08 | ミステリー小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする