2019年09月14日

「パプリカ」 著者:筒井康隆 について

こんにちは、「古本のりょくし堂」です。(^ ^)/

近くのスーパーで「スマホ決済、P〇y〇ay始めま
した!」と店内放送が・・・

ここにもキャッシュレス決済の波が遂に!!
ラ〇ンすら敬遠がちな世代にとっては、つらい
世の中になってきましたね〜。

でも、災害の度スマホが使えなくなる状況を
見ていると、増々、スマホ1つで何でもかんでも
できる状況にするのもやっぱ、怖いですよね〜。

さて、本の紹介です。

***パプリカ」***

「パプリカ」                 
著 者:筒井康隆
発 行:新潮社

内 容
精神医学研究所職員の千葉敦子のもう一つの顔、
夢探偵「パプリカ」
夢に働きかけ精神治療を行う「パプリカ」の活躍
は、研究所の内紛により時田の新発明が暴走し、
夢と現実が入り混じっていき・・・

著 者:筒井康隆

著 作
「旅のラゴス」 新潮社文庫
「時をかける少女」 角川文庫
「ロートレック荘事件」 新潮社文庫 
                など他多数

エロい描写があるので、好みが分かれそうでは
ありますがSF好きにはいいかも?

       「古本のりょくし堂」でした。

古本のりょくし堂はこちら⇒りょくし堂

スポンサードリンク




posted by きむら at 17:36 | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする