2018年01月19日

「左手のパズル」絵物語・永遠の一瞬

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

芥川賞・直木賞が発表され、芥川賞・直木賞の話題で
盛り上がっている今日この頃ですが、
昨年、不朽の名作「ポーの一族」の40年ぶりの新作が
話題になった萩尾望都氏の絵物語はいかがでしょう?

***「左手のパズル」絵物語・永遠の一瞬***

左手のパズル」絵物語・永遠の一瞬 

著者:萩尾望都
 絵:東逸子
発行:新書館

内 容
ヴァイオリンを弾く少女、ソフィアと一緒に暮らす
ようになった、チェロを弾く美しい少年のジョシュア
は、左右の区別がつかない。

それをケンカの素にし両親は離婚、委縮するジョシュア
だが、森の館に住む伯父が優しく育ててくれた。

森に住む人外の者たちの世界から、現実の世界へ
いざなうソフィア。ジョシュアは、・・・

著 者:萩尾望都

作品
「ポーの一族〜春の夢〜」
          フラワーコミックススペシャル
「11人いる!」 小学館文庫 
「トーマの心臓」 小学館文庫
                   など他多数

:東逸子

作品
「魔女のひきだし」 MOE BOOKS
「サンタクロースっているんでしょうか?」偕成社
「月光公園:The moon park」ミキハウスの絵本
                   など他多数

萩尾望都氏の物悲しい美しい文章と東逸子氏の幻想的な
絵が不思議な世界へと引き込んでいきます。

        「古本のりょくし堂」のきむらでした。

古本のりょくし堂はこちら⇒りょくし堂

スポンサードリンク




【ファンタジー小説の最新記事】
posted by きむら at 15:44 | ファンタジー小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする