2017年06月09日

おすすめ小説:「陰陽師」著者:夢枕 獏

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。

水無月、6月、梅雨の季節です。梅雨前線がじわ
じわと北上してきてますね。

紫陽花や花菖蒲や露草が雨にぬれ美しいそんな
景色を眺めながら、ちょっと風流な優雅な雰囲気
を味わってみませんか?

*****小説 「陰陽師」 *****

陰陽師」   文春文庫

著 者: 夢枕 獏
出版社: 文藝春秋

内 容
闇もあやかしも鬼も死霊も生霊も人々の身近に
あった平安時代。

楽の達人ではあるが、何かが抜けているが真面目な
源博雅が持ち込んでくる京の都の怪事件の数々を
大内裏の陰陽寮に属する陰陽師、安倍清明が
淡々と?博雅と力を合わせながら、解決していく
物語。

著 者: 夢枕 獏

作 品
「大江戸釣客伝」 上下巻 講談社文庫
「キマイラ」シリーズ ソノラマノベルズ
「ちいさな おおきな き」大型絵本 小学館
                 など他多数


岡野玲子氏により漫画化、繊細なタッチで美しく
優美に優雅!でもユーモラスあふれ「陰陽師」の
世界観がとてもあらわれている作品です。
テレビドラマ化もされましたし、野村萬斎主演で
映画化もされ、かなり話題になりましたね♪

人をくったような物言いの晴明と真面目な博雅の、
かけあいも楽しく、平安の優雅さを感じられる
伝奇小説です。

      「古本のりょくし堂」のきむらでした。

古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂

スポンサードリンク




posted by きむら at 17:07 | 歴史小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする