2017年05月19日

おすすめ児童書:「ぼくらの『第九』殺人事件」著者:宗田理

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。

先週からお騒がせのランサムウエアによるサイバー攻撃
ですが、
==========================
Yhoo!JAPANニュース
 新たな大規模サイバー攻撃、水面下で進行 WannaCry超える
規模  AFP=時事 5/18(木) 5:38配信

【AFP=時事】先週から世界中のコンピューターを襲って
いるランサムウエア「WannaCry」による大規模サイバー
攻撃を上回る規模のサイバー攻撃が現在、密かに実行
されていることが分かった。
(中略)
プルーフポイントはブログで、Adylkuzzに感染すると、
ウィンドウズ(Windows)の共有データにアクセスできなく
なったり、パソコンやサーバーの動作が低下したりする
などの症状が出るが、ユーザーはすぐには気づかない
可能性があると指摘している。
==========================
との記事を見ました。世の中、サイバー攻撃だらけでこわい
ですね。(TT;)

さて、「ボーイズ特集」からのおすすめです。

***児童書「ぼくらの『第九』殺人事件」***

ぼくらの『第九』殺人事件」  「ぼくら」シリーズ

著 者: 宗田理  
出版社: ポプラ社

内 容
ぼくらは、ぼくらの仲間の中山ひとみの女子高の友達、
城山ひかるの誘いで、「第九」合唱会に参加することに。

その城山ひかるは、いたずらグループ”セブンシスターズ”
の実質的リーダーで、菊池英治を上回るいたずらの天才!!

彼女のいたずらがきっかけで、ぼくらは”殺人死体”を発見
してしまう。
ぼくらとセブンシスターズは犯人捜しゲームをはじめる
が・・

著 者: 宗田理  小説家 

作 品
2年A組探偵局シリーズ 角川つばさ文庫
東京キャッツタウン おばけアパートの秘密 角川つばさ文庫
悪ガキ7 転校生は魔女!? 静山社
                        など他多数

「ぼくらの七日間戦争」から始まった「ぼくらシリーズ」は、
25年間にわたり続編が次々と出されたヒットシリーズです。

「ぼくらの七日間戦争」は映画にもなっており、宮沢りえの
初主演作として当時はかなり注目されましたよね!
作者によれば、物語の舞台のモデルとなったのは宮城県
仙台市青葉区とのこと!!
仙台市のみな様、ちょ〜っと気になりませんか?

         「古本のりょくし堂」のきむらでした。

古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂

スポンサードリンク




posted by きむら at 16:04 | 児童書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする