2017年04月28日

おすすめ小説:「りかさん」著者:梨木香歩

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。

ゴールデンウィーク間近に迫ってきましたね♪
4月23日〜5月12日はこどもの読書週間!!
ゴールデンウィーク、絵本や児童書、小説、ゲーム
ブックでも漫画でもなんでもありで、本で楽しく、
まったり、のんびり過ごすのもいいですね♪

******小説 「りかさん」******

りかさん」  新潮文庫

著 者: 梨木 香歩  
出版社: 新潮社

内 容
「リカちゃん」人形がほしかったようこに、おばあ
ちゃんから市松人形の”りかちゃん”が送られてき
ました。

しかも説明書付!!説明書通り食事をあげたりして
一週間、”りかちゃん”が話はじめました。

心を通わせることのできる人形の”りかさん”に
導かれ、古い人形たちの心に触れていく、ようこ。


著 者: 梨木 香歩
     小説家 児童文学作家 絵本作家

作 品
小説  「西の魔女が死んだ」 新潮文庫
小説  「裏庭」       理論社
童話  「岸辺のヤービ」   福音館書店
                  など他多数

「からくりからくさ」を読んだ後に「りかさん」を
読むと、”おお!!ホントにこんなにしゃべって
たんだ!!”とびっくりします。

和風ファンタジーですよね♪読んでいると、透明な
暖かい空気の中ような気分になります。
幼いようこもかわいいし、人形の気持ちや会話がとても
リアルに感じられて、不思議な空間です。

「からくりからくさ」は大人になったようことお友達と
りかさんのお話です。セットで読むといいかも・・・です。

         「古本のりょくし堂」のきむらでした。

古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂

スポンサードリンク




posted by きむら at 14:14 | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする