2017年03月23日

絵本:「スイミー」

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。

KIMG0139.JPG

道端で”つくし”を見つけました♪
北風と春っぽい風が交互に吹きすさぶ今日この頃、
つくしや梅咲いているのをみると「ああ、春が
近づいているんだな〜」と実感します。

***** 絵本「スイミー」 *****

スイミー

著 者:レオ・レオニ 訳:谷川俊太郎
出版社:好学社

内 容
赤い魚のきょうだいたちの中で、1ぴっきだけ
まっ黒な”スイミー”

きょうだいたちは、大きな魚に飲み込まれてしま
いました。

海の中で、そっくりな赤い魚たちに出会いますが、
「大きな魚に食べられるから」と岩陰からでようと
しません。

スイミーは、「ぼくが、めになろう」とさそい、みん
なで大きな魚にばけて、大きな魚をおい出しました。

著 者レオ・レオニ

作 品
「あおくんときいろちゃん」 至光社
「フレデリックーちょっとかわったねずみのはなし」
                    好学社
「せかいいちおおきなうち
  ーりこうになったかたつむりのはなし」好学社
                  など他多数

紹介するまでもなく、みんなが小学校の国語の教科書で、
習った!読んだことある!というお話ですよね♪

最近はわかりませんが・・・f(^^;

あらためて絵本でみてみると、なつかしいけれど、
また違った感じがします。

あれ、こんなきれいな絵だったけ?とか、こんなに
長いおはなしだったっけ?とか・・・

新しい感動があるかもしれませんよ?

         「古本のりょくし堂」のきむらでした。

古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂

スポンサードリンク




posted by きむら at 18:08 | えほん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする