2017年03月17日

おすすめ絵本・児童書:「ふたりはともだち」

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。

入学式が近づいてきて、ともだちできるかな、どんな
子がいるのかな・・・と色々と心配になりますよね。

お友達はたくさんじゃなくてもいいんだな!、こんな
関係になれる友達ができるといいなっと、楽しく
過ごす2匹をみているとそんな気持ちになります。

***絵本・児童書「ふたりはともだち」***

ふたりはともだち」  ミセスこどもの本

著 者:アーノルド・ローベル 訳:三木卓   
出版社:文化出版局 

内 容
かえるくんとがまくんの2匹のお互いを思いやる
普通の普段の日常のお話が5話収録されています。

はるがきた
「春が来たよ」とがまくんを起こそうとしますが、
がまくんは信じてくれず、起きようとしません。
かえるくんは、・・・

おはなし
病気になったかえるくんに、「何かお話をして」と
たのまれたがまくん、一生懸命考えますがぜんぜん
思いつきません・・・

なくしたボタン
がまくんがボタンをなくしてしまいます。ボタンは
次々と見つかりますが、がまくんのボタンだけは
見つかりません。
がまくんはどんどん、イライラして・・・

すいえい
川で泳ごうとするとがまくんが、「水着姿を絶対に
見ないで」と言い、かえるくんが目をつむって
いる間にがまくんが川に入りますが・・・

おてがみ
がまくんは手紙をもらったことがないと悲しんでます。
そこでかえるくんは、がまくんに手紙を書き、
かたつむりさんに届けるように頼みます。

著 者: アーノルド・ローベル

作 品
「ふたりはいっしょ」 文化出版局 
「こぶたくん」 童話館出版
「いろいろへんないろのはじまり」 冨山房
                  など他多数

「おてがみ」は小学校の教科書にも載っているので、
読んだ記憶のある方もいるのではないかと思います。

なんか、事件が起こるわけでもないほのぼのした2匹の
日常が、楽しくほほえましい、思わずクスクスと笑って
しまうそんな絵本です。

         「古本のりょくし堂」のきむらでした。

古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂

スポンサードリンク




posted by きむら at 16:47 | 児童書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする