2016年02月01日

「ポケモンとえいかいわ」と「小学4年生までに覚えたい英単語」の紹介

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

小学校の5年生から英語の授業が始まります。
それに備えて、楽しみながら英語を学べる本の紹介です。

***「ポケモンとえいかいわ」***

「ポケモンとえいかいわ」

著者:グン・ウィン
発行:小学館

  古本のりょくし堂はこちら⇒りょくし堂

内 容
シンオウ地方のポケモンが大集合のかわいいポケモンたちの、
絵と共に単語や会話文が♪

見やすい大き目の文字で、毎日日常的に使う会話を
100通りほど書かれています。

CDで英語を聞くこともできるので、発音練習も
バッチリ!!

聞いて覚えれるので、はじめてでも簡単な会話ができる
ように!!

著 者  グン・ウィン

作 品
「ポケモンえいごじてん」  小学館
「ドラえもん ゼロから始める英語」 小学館
「着いた日から使える 海外暮らしの英語辞典」小学館



**「小学4年生までに覚えたい英単語」**  

「小学4年生までに覚えたい英単語」            
           
著者:香原ちさと 監修:松崎博
発行:文英堂

内 容
5年生から英語の授業が始まります。
その前までに、まずは身のまわりのものを英語で覚えよう!!
ということで、部屋の中や台所といった、ほんとに身近な
もののイラストを見ながらなので、イメージもしやすく
英単語が覚えられる作りになっています。

発音のやりかたも、カタカナで書いてあるので、分かりやすく
クイズやなぞなぞで楽しみながらも英単語を覚えられます。

著 者  香原ちさと

作 品
「ここだけ聞いてスコアアップ!TOEIC(R)テストPart1&
  Part2対策」         日本経済新聞出版社 
「Grammaring体験型英文法動詞の時制編 テキスト」
                          mpi  等 

今や英語は必須科目、社会に出ても英語ができないと・・・
みたいなところも多く、なんだかなぁと思うのですが(+ +;)

うちの子の小学校では、まずは英語は楽しい♪と思ってくれ
れば大丈夫!と小学校の先生は言っていました。

苦手意識を持たせないように、楽しいものだという意識の元
中学生から英語の文法などにも入っていけるように、会話中心
で・・・

なんて話でしたが、実際は中学に入ると簡単な単語とかは
知ってて当たり前で授業が進んでいくので、ついていけない
子がけっこういたようでした。

なので、ポケモンや身近なもののイラストと共に簡単な
単語や会話を楽しく学んで、5年生からの英語にのぞみ、
中学校に向けての予習になれるといいのではないでしょうか?

           「古本のりょくし堂」のきむらでした。

スポンサードリンク




posted by きむら at 21:20 | 児童書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする