2015年11月03日

小説「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」 の紹介

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

さて、『読書週間』です。 
どんな本を楽しんでいらっしゃいますか?

1989年、監督:スティーヴン・スピルバーグ 
製作総指揮*ジョージ・ルーカス/フランク・マーシャル
主演:ハリソン・フォードの「インディ・ジョーンズ/
最後の聖戦」の映画のノベライズの紹介です。


**「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」**

「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」  ハヤカワ文庫
著者:ロブ・マグレガ−  訳:大森望
発行:早川書房

 古本のりょくし堂はこちら⇒りょくし堂

内 容
考古学の教授であり、冒険家でもあるインディ・ジョーンズ
は、大富豪ドノヴァンから、「イエス・キリストの聖杯」
の調査隊の隊長が行方不明になったというので、相談を
受けた。

そして、なんと行方不明になった隊長というのが、自分の
父親のヘンリー・ジョーンズだった。

伝説の「イエス・キリストの聖杯」と父親を捜しに
ヨーロッパをめざした。

ニューヨーク、ヴェネチア、ベルリン、トルコ…。
海陸空を縦横無尽に駆けめぐるインディ・ジョーンズの
大冒険。


著 者
ロブ・マグレガ- 
アメリカ合衆国 作家
若き日のインディ・ジョーンズのお話も書いている。


むか〜し、よくテレビのロードショウでやるたびに
見たものです。

宝を守る仕掛けの数々やジョーンズの知恵と行動力、
発想の柔軟さには、眼を見張るものがありました。

ジョーンズのあわてふためく様と仕掛けがとても面白かった
のを覚えています。

それの、ノベライズ化! 映像には映像の面白さがあります
が、文章になったときにもまた違った味わいや面白さが、
味わえるのではないでしょうか?

        「古本のりょくし堂」のきむらでした。

スポンサードリンク




posted by きむら at 21:00 | ファンタジー小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする