2015年10月31日

小説「アルジャーノンに花束を」ダニエル・キイス:著 の紹介

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

さて、『読書週間』です。 
どんな本を楽しんでいらっしゃいますか?

今日は、今年の春、野島伸司:脚本監修、山下智久:主演
の金曜ドラマで話題になった、「アルジャーノンに花束を」
を紹介したいと思います。

****「アルジャーノンに花束を」****

「アルジャーノンに花束を」 
著者:ダニエル・キイス 訳:小尾芙佐
発行:早川書房

 古本のりょくし堂はこちら⇒りょくし堂

内 容
パン屋で働く心優しい青年、チャーリーは幼児の知能しか
ない知的障害者だった。

彼は、母親の影響もあり”かしこくなりたい”と思っていた。

ある日、開発されたばかりの脳手術を受けるよう勧められる。

動物実験の被験者、ハツカネズミの”アルジャーノン”は
驚異的な記憶力、思考力を持っていた。

チャーリーは手術を受け成功し、数か月で天才に変貌したが、
知りたくもない事実を知り、苦しむ。

知能は高くなったものの、心は幼いまま、気が付かず他人を
見下し、孤独になっていった。

そんな時、”アルジャーノン”に異変がおき、チャーリーは、
調査をはじめる。

正気を失ったまま死んでしまった”アルジャーノン”、
一時的に発達した知能が失われることを知ったが、知能の
退行を止めることはできず、自ら障害者収容施設へ・・・

著 者
ダニエル・キイス
アメリカ合衆国  作家

著 作
「五番目のサリー」 早川書房
「心の鏡」 早川書房
「24人のビリー・ミリガン」 早川書房
                      等他多数


表紙だけ見たときは、恋愛ものかと思ってました。(^ ^;)
発売当初から、すごい話題の作品でしたが、すばらしい
ロングセラー作品ですね。

心にずしんとくる、何とも言えない切なさがこみ上げて
きます。

そして、知的障害、人間関係、気持ちの在り方や、社会の
在り方などについても考えさせられる作品です。


       「古本のりょくし堂」のきむらでした。

スポンサードリンク




posted by きむら at 21:18 | ファンタジー小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする