2015年07月17日

「星座12ヵ月」岩波ジュニア新書の紹介

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

長い夏休みを利用して、星の観察はいかがですか?

前回に引き続き、星座の本の紹介をしたいと思います。

***「星座12ヵ月」***

星座12ヵ月」  岩波ジュニア新書

著者:冨田弘一郎   
   
発行:岩波書店

発行年月:1980年12月

※当店にあるのは、旧版です。1995年に新版がでています。

 古本のりょくし堂はこちら⇒りょくし堂


内 容

ロマンチックな,星座をめぐる神話の世界へみなさまを
いざなってくれます。
ひと月ごとの星空観測ガイドを示して,天体の科学について
も解説しています。夜空を見上げるのが楽しくなる本です。

星座をおぼえると,宇宙への関心や知識を深めることができ
科学として楽しむこともでき、神話のロマンチックな世界も
楽しむこともできる1冊です。

※1995年の新版は、最新の天文データによる改訂でさらに
使いやすくなったようです。


著 者
冨田 弘一郎

1925年2月16日 - 2006年5月22日 
東京府出身の日本の天文学者

小惑星を多数発見!
1964年には、冨田・ゲルバー・本田彗星を発見しました。


主な著作

『彗星の話』(岩波書店 岩波新書、1972年)

『星座12カ月』(岩波書店 岩波ジュニア新書、1980年)

『天体望遠鏡をもとう』
    (岩波書店 星の世界をたずねる、1984年)

『宇宙と星の基礎知識・はじめて使う場合 どんな望遠鏡が
 よいですか』(講談社、1989年)

『小学館の学習百科図鑑 27 星座 夜空の四季』
    (斎藤馨児・原恵との共著、小学館、1980年)
   
『宇宙−星と観測』(小学館、1983年)

                   など他多数


星と星を繋ぎ人や動物などを浮かび上がらせる。
考えた人はすごいですよね!すごい想像力の持ち主!

大熊座とか、オリオン座とかいわれても、点と線の
繋がりにしか見えない私には、ロマンもへったくれも
ないのですが、

星座を見つけられると、ワクワクするし、新星が新しい
星の事かと思っていたら、実はそれまで暗かった星の
表層での爆発の光だったことを知ると、悲しく複雑な
気持ちになります。

まだまだ、不思議なことが広がっている星の世界
のロマンを読み解いてみませんか?


           「古本のりょくし堂」のきむらでした。

スポンサードリンク




【児童書の最新記事】
posted by きむら at 21:11 | 児童書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする