2015年05月29日

ハリーポッター 紹介

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。

金曜ロードショーで、4週連続「ハリーポッター祭り」を
やってますね!

それにあやかって、小説、児童文学の「ハリーポッター」の
紹介をしたいと思います。

***「ハリーポッター」***
ハリー・ポッターシリーズ』は、7巻からなる長編で
イギリスの作家J・K・ローリング著作のファンタジー小説、
児童文学作品です。


J・K・ローリング

イギリス グロスタシャー州イェイトに生まれる。
1993年に貧しいシングルマザーで生活保護を受けながらも
『ハリー・ポッターシリーズ』第1作『ハリー・ポッターと賢者の石」
を執筆し、1995年にイギリスのブルームズベリー出版社より
出版された。

多くの文学賞を受賞するなど、新人作家として児童文学として
高く評価され、多数の外国語に訳される世界的ベストセラー
作品となった。


おはなし

1990年代のイギリスを舞台に、孤児で、従兄弟等にいじめら
れているハリー・ポッター少年が、11歳の誕生日に自分が
魔法使いであることを知り、ホグワーツ魔法魔術学校へ

へ入学。


それまで知らなかった魔法界に触れ、亡き両親の

知人をはじめとした多くの人々との出会いを通じて成長する。


そして、両親を殺害した張本人でもある強大な闇の魔法使い

ヴォルデモート卿との自分との不思議な因縁を知り、

対決していく因縁と戦いを描いた物語です。



小説
第1巻『ハリーポッターと賢者の石』
単行本  (1999年12月発売)
文庫本 (2012年7月発売)
児童文庫  (2014年3月発売)
第2巻『ハリー・ポッターと秘密の部屋』
単行本  (2000年発売)
文庫本  (2012年9月発売)
児童文庫 (2014年5月発売)
第3巻『ハリー・ポッターとアズガバンの囚人』
単行本 (2001年発売)
文庫本 (2012年9月発売)
児童文庫 (2014年6月発売)
第4巻『ハリー・ポッターと炎のゴフレット』
単行本  (2002年10月発売)
文庫本  (2012年10月発売)
児童文庫  (2014年7月発売)
第5巻『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』
単行本  (2004年9月発売)
文庫本  (2012年発売)
児童文庫  (2014年発売)
第6巻『ハリー・ポッターと謎のプリンセス』
単行本  (2006年5月発売)
文庫本  (2013年1月発売)
児童文庫  (2014年11月発売)
第7巻『ハリー・ポッターと死の秘宝』
単行本  (2008年7月発売)
文庫本  (2013年2月発売)
児童文庫  (2015年1月発売)


映画も8作出ているし、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
にも映画版のセットを模したテーマパーク、
ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッターが
2014年7月15日に開園し、大盛り上がりでしたよね!

映画から入って、小説というのもいいですよね!

              
              「古本のりょくし堂」のきむらでした。

りょくし堂はこちらから⇒りょくし堂

スポンサードリンク




【ファンタジー小説の最新記事】
posted by きむら at 22:22 | ファンタジー小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする