2019年04月19日

2019.5月の特集予告と「よろず占い処 陰陽屋へようこそ」を読んで

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

ゴールデンウィークの休業について
2019年4月27日(土)〜5月6日(月)までお休します。

休業中のお問合せやご注文は、5月7日(火)〜順次おって
ご連絡することになります。

5月の特集の予告
5月は”男の子の節句”ということで、
    「Boys特集」 をします。

コミックスや文庫、えほんなどからいろいろな男の子の
でている本を集めてみたいと思います。おたのしみに〜!

「よろず占い処 陰陽屋へようこそ」 
                  を読んで・・・
                  
著者:天野 頌子
発行:ポプラ文庫ピュアフル

母親に付き合って、「陰陽屋」というあやしい占いの店に
行ったのが、運の尽きの中学生の瞬太くん。

受験もあるのに、妖狐だとばれるは、眼鏡代の形に陰陽屋
でバイトすることになるはで・・・って、受験生の親の
気持ちになると、この状況!胃がキリキリしそうですね。

でも、あたたかく見守る?というかちょっといや結構
過保護なお父さんお母さんの姿にも心がほっこりします。

たまに失敗もしますが、元ホストのイケメン陰陽師の祥明
さんの口の上手さにもびっくりです。
そんな祥明とちょっと小生意気なかんじの口ぶりの瞬太
くんとのかけあいもたのしいし、お客のお悩み解決に奔走
する様や、いろいろな事件に巻き込まれてあたふたする
様子もとてもかわいくほのぼのします。

他 作 品  
「僕と死神の黒い糸」 講談社タイガ文庫
「警視庁幽霊係シリーズ」 祥伝社文庫
                    等他多数 

       「古本のりょくし堂」のきむらでした。


posted by きむら at 17:25 | ファンタジー小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする