2019年04月26日

角田のロケット公園からあぶくま駅散策

こんにちは、「古本のりょくし堂」です。(^ ^)/

4月14日にお花見できないかなぁと、宮城県角田
市の台山公園に行ってきました。

H2ロケット実物大模型と展望塔、宇宙展示館、
野外音楽堂のある公園にテニスコート、ゲート
ボール場、バーベキュー広場などがある広い
公園でした。

台山公園管理棟
住所:宮城県角田市角田字田袋73番地1
tel:0224-63-3156

ロケットと桜が撮れるスポットってなかなか
ないですよね!
s_IMG_20190414_150807812.jpg

ロケットのある広場からの滑り台の先には、
枝垂桜のある公園や道沿いに桜並木のある広場、
ゲートボール場でしょうか?などがあり、ちょこ
ちょことピクニックかお花見の方々がいるのが
見受けられました。

あいにくの曇り空だったので、写真も暗めでは
ありますが、のんびりした感じの公園でした。

車を移動して下の公園に行きゆっくり桜を見る
のかと思いきや、なんか違う方向に移動しはじ
める旦那に唖然、???
茫然としている間に川沿いに・・・
もっとゆっくり桜観たかった・・・(TAT)ヒドイ

なんか、阿武隈川ライン舟下り乗船場を通り過ぎ
何処に行くのかと思いきや、ちいさな神社に着き
ました。

百合沢弁財天
住所:宮城県伊具郡丸森町百合沢
IMG_20190414_154416026.jpg
境内には澤水が流れ、爽やかな渓流の水音と清清
しい空気のなか、不動明王と弁財天が祀られ、金
運にご利益のある「金運の泉」などがありました。

その後、あぶくま駅
住所:宮城県伊具郡丸森町字廻倉
s_IMG_20190414_164557647_HDR.jpg
無人駅とその横に八角形の建物、産業伝承館と
公園?がありました。

産業伝承館の受付に猫がいて、じーっと座った
まま写真ばしゃばしゃ撮っても身動きもしない
貫禄のある猫さんがいました。
IMG_20190414_165009816.jpg
伝承館裏は、阿武隈川渓谷がみられる景観ばっちり
のスポットでした。
s_IMG_20190414_165413489_HDR.jpg
その後、夕食と温泉と思い、とんとんの丘「もち
ぶた館」へ行ったのですが、すっごい人と車で、
入場制限もかかっていたので、あきらめて帰りま
した。
でも、とんとんの丘は桜が満開で、レンギョウや
雪柳も美しく咲き誇っていて、最初からお花見に
ここに来れば一石二鳥三鳥だったねぇ〜と話、
帰路へ

でも、いつもは行かない色々な場所を巡れて楽し
かったです♪

         「古本のりょくし堂」でした。


posted by きむら at 14:12 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年04月19日

2019.5月の特集予告と「よろず占い処 陰陽屋へようこそ」を読んで

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

ゴールデンウィークの休業について
2019年4月27日(土)〜5月6日(月)までお休します。

休業中のお問合せやご注文は、5月7日(火)〜順次おって
ご連絡することになります。

5月の特集の予告
5月は”男の子の節句”ということで、
    「Boys特集」 をします。

コミックスや文庫、えほんなどからいろいろな男の子の
でている本を集めてみたいと思います。おたのしみに〜!

「よろず占い処 陰陽屋へようこそ」 
                  を読んで・・・
                  
著者:天野 頌子
発行:ポプラ文庫ピュアフル

母親に付き合って、「陰陽屋」というあやしい占いの店に
行ったのが、運の尽きの中学生の瞬太くん。

受験もあるのに、妖狐だとばれるは、眼鏡代の形に陰陽屋
でバイトすることになるはで・・・って、受験生の親の
気持ちになると、この状況!胃がキリキリしそうですね。

でも、あたたかく見守る?というかちょっといや結構
過保護なお父さんお母さんの姿にも心がほっこりします。

たまに失敗もしますが、元ホストのイケメン陰陽師の祥明
さんの口の上手さにもびっくりです。
そんな祥明とちょっと小生意気なかんじの口ぶりの瞬太
くんとのかけあいもたのしいし、お客のお悩み解決に奔走
する様や、いろいろな事件に巻き込まれてあたふたする
様子もとてもかわいくほのぼのします。

他 作 品  
「僕と死神の黒い糸」 講談社タイガ文庫
「警視庁幽霊係シリーズ」 祥伝社文庫
                    等他多数 

       「古本のりょくし堂」のきむらでした。


posted by きむら at 17:25 | ファンタジー小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年04月12日

「しろいうさぎとくろいうさぎ」著者:ガース・ウィリアムズ/訳:松岡享子

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

本屋大賞発表されましたね〜!!
「そしてバトンは渡された」著者:瀬尾まいこ 文芸春秋

こちらも、愛情について書かれた本ですが、こちらの絵本
も愛情にあふれてますよ!

**「しろいうさぎとくろいうさぎ」**

「しろいうさぎとくろいうさぎ 」 
                    
著者:ガース・ウィリアムズ/訳:松岡享子 
発行:福音館書店

内 容
毎日一緒に遊んでいるなかよしの、しろいうさぎ
とくろいうさぎ、でもくろいうさぎがかなしそう。
くろいうさぎの願い事を知ったしろいうさぎは・・・

著 者:ガース・ウィリアムズ

作 品  
「ねえねえあそぼ」 講談社
「ベンジャミンのたからもの」 あすなろ書房
「大草原の小さな家 インガルス一家の物語(2)」
     作:ローラ・インガルス・ワイルダー 
     絵:ガース・ウィリアムズ  福音館文庫
                    等他多数 

:松岡享子

作 品  
「おふろだいすき」著:松岡享子 絵:林朋子
                   福音館書店
「なぞなぞのすきな女の子」著:松岡享子 
                   学研プラス
「さるのオズワルド」  著:エゴン・マチーセン 
            訳:松岡享子  こぐま社
                    等他多数

最初読んだときは、恋のお話?ほのぼのしていてかわい
いなぁという感じでした。

よく読んでみると、とても愛情に満ちた愛情の深さを
感じる絵本でした。絵もとても繊細でやわらかくやさ
しい絵です。どちらかというと、大人向けですかね?
好きな人などへのプレゼントにもいいかもしれない
ですね♪

       「古本のりょくし堂」のきむらでした。

古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂


posted by きむら at 16:21 | えほん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする