2018年09月28日

岩手ちょいぶらり旅 工藤精肉店食堂部 編

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/
岩手県に行ってきました!

釜石駅、銀河鉄道の夜を模したかわいい駅に変身して
ました。
1534133392335.jpg

釜石駅から徒歩10分ほど、大渡橋を渡ってすぐのお肉屋
さんの2階にある食堂、
    工藤精肉店食堂部(工藤食堂)
行ってきました♪

11時ちょい過ぎに行ったのに既に結構な人が・・・
座れてよかった(^^; 

量が多いと聞いていたので、私は半かつ丼と半ラーメン
のセット、でも、ごはん茶碗の上にカツがギュッ!ドン!
半ラーメンも洒落っ毛のある量の少なめのお店の1人前の
ラーメンと変わらない量、半かつ丼2/3で結構お腹が・・・
でもラーメンも食べたかったので、根性で半ラーメンも
食べました。だって、両方おいしかったので!!

お子はかつ定食、顔よりでかいんじゃないかというカツ
にビックリ、厚みもあるのでけっこうな食べごたえ!!
1534131182476.jpg


旦那のカツカレーもおいしいしかったそうで、やっぱ量
もいっぱい

ただ、混んでて店員のおばちゃんパニック、運んできた
品物が何処のテーブルかわけわからん状態に、お隣さん
注文聞きなおされたりしてました。

忙しすぎと歳と疲労で、店員さんみんな無愛想で口も悪く
なりますが、そこはご愛嬌っつーことで。

お会計の時には、順番待ちのお客さんの行列が階段下の店
の中までできてました。

値段もふつうで、美味しいうえに量もあるとなったら、
がっつり食べたい系の方にはうれしいところですよね!!

平日はお昼の3時間しかやってないので、時間に気をつけ
ないと食べ損ねそうですよね。

工藤精肉店食堂部(工藤食堂)
 住所:岩手県釜石市大渡町1-1-2中央ビル2F
 電話:0193-22-3193
 営業時間:(月〜金)11:00〜14:00
      (土日祝)11:00〜14:00 17:00〜20:00
      (水曜定休)

何年も前に1度、たまたま入って味噌ラーメンを食べた
のですが、具も山盛りでなかなか麺にたどり着けず、
具半分、麺半分食べられたか?くらいでギブアップ
した記憶が。おいしいのでもっと食べたかったのですが、
歩くのが大変なくらいお腹ぱんぱん・・・
もったいなかったなぁ

おいしくて量があるところ見つけると、うれしくなり
ますよね?
               ではでは、また〜

「古本のりょくし堂」のきむらでした。


posted by きむら at 15:33 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年09月21日

画集「シルフィード」風の妖精 著者:きたのじゅんこ

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

外に一歩踏み出すと、金木犀の香りに包まれる、そんな
季節がきました。

足元には曼珠沙華の花が・・・、秋を感じさせる花々の
隙間に、ほほをすり抜ける風の中に、いるかもしれま
せんよ?

***画集「シルフィード」***

画集「シルフィード」風の妖精(ギフトブックシリーズ) 
著 者:きたのじゅんこ 
発 行:新書館

内 容
きたのじゅんこ氏の繊細でやわらかなタッチの絵に
書下ろしの詩、風の妖精の存在を感じられる一冊です。

著 者:きたのじゅんこ

主な著作
「精霊の国」サンリオ画集シリーズ
「星たちの祈り(JUNKO KITANO FANTASY
                 COLLECTION)」
                     小学館
「セレスティアル」天上の調べ
         (ギフトブックシリーズ)新書館
                                                                など

ランプを包んでるようなやわらかな光を抱いた繊細で
美しいきたのじゅんこ氏の絵、見る人を絵の世界に
引き込む不思議な魅力があります。

                 「古本のりょくし堂」のきむらでした。
  
   古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂


posted by きむら at 16:41 | Book いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年09月14日

「幻獣夜話」 ファンタジ-・ファイル

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」
ノミネート10作品が、本屋大賞のサイト
https://www.hontai.or.jp/)に発表されてました!

ノンフィクションだから、歴史や伝記など事実を基にした
作品ですよね〜。真実を!記憶を!風化させないとかなん
とか・・・ノンフィクションって、使命とか大切そうな
ものが詰まっている感じがしますよね。

さて、真逆の”ファンタジー特集”から

***「幻獣夜話」***

幻獣夜話」 ファンタジ-・ファイル 

著 者:オフィス新大陸
  
発行:ジャパン・ミックス

内 容
ファンタジーものにでてくる幻獣や魔獣、妖精などを
物語にのせ、紹介している。
事典的なもの?

今や、この手の本はあちこちから色々と出てる感じ
ですよね!

新紀元社のTruth In Fantasy は最たるもので、文庫に
もなってコンパクト。絵もとても素敵ですよね〜。
ファンタジー好きはがっつり揃えて、本棚に並べたくな
るシリーズですよねぇ。

ファンタジーをノンフィクションとは真逆のと書いちゃ
いましたが、神話や民話、伝説など源流になっている
ものもあり、どこかに事実が入っていないとは限らな
そうなものもありますよね。

       「古本のりょくし堂」のきむらでした。
  
   古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂


posted by きむら at 16:43 | Book いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする