2018年08月24日

「第三の時効」 著者:横山秀夫

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

本屋大賞のサイト(https://www.hontai.or.jp/)で、
”「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション
本大賞」を実施”というニュースをみました!!

9月には、ノミネート作品が発表され、二次選考が
スタートし、11月には、大賞作品発表だそうです。
新たな分野の本屋大賞、どんな本が選ばれるのか?
たのしみですね♪

さて、ミステリー・ホラー特集から

***「第三の時効」***

第三の時効」  集英社文庫

著 者:横山秀夫   
発行:集英社

内 容
警察小説の短編集。
主人公はそれぞれ違うが、同じ県警捜査一課のお話
なので、それぞれに繋がりを感じられる短編集。

著 者:横山秀夫

主な著作
「クライマーズ・ハイ」 文春文庫
「臨場」 光文社文庫
「出口のない海」 講談社文庫
                   など

警察ものの小説って、まじめで堅そうなイメージですが、
濃い際立つキャラ、意表を突いた落ち、警察小説を普段
読まないなぁという方も、ちょっと覗いてみると面白い
かもしれませんよ?

                      「古本のりょくし堂」のきむらでした。
  
   古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂 


posted by きむら at 16:08 | ミステリー小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年08月17日

「押入れのちよ」 著者:荻原浩

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

ニュースで、お年玉ならぬお盆玉についてやってました
が、別にお盆玉書いてなくてもフツーのポチ袋に入れて
渡すか、現金まんま「おこづかいだよ〜」で、いい気が?

お年玉みたいに義務っぽくなってしまうのは、なんか
嫌だな〜あげたくなくなると思うのは私だけでしょうか?

さて、ミステリー・ホラー特集から

***「押入れのちよ」***

押入れのちよ」  新潮文庫

著 者:荻原浩
発行:新潮社

内 容
タイトルの「押入れのちよ」をふくめた、9編の短編集。
ゾクッとする恐ろしいものから、ちょっと寂しさを感じ
て、ほっこりするものまで。

著 者:荻原浩

主な著作
「海の見える理髪店」 集英社
「神様からひと言」 光文社文庫
「二千七百の夏と冬」上下巻 双葉文庫
                   など

表紙的にもう怖いホラーな感じですが、読んでみると
ほっこり、ホラー苦手な方でも読めるのではない
でしょうか?

本当に怖い短篇も混ざっているのでお気をつけて・・・

                       「古本のりょくし堂」のきむらでした。
  
   古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂


posted by きむら at 17:14 | ホラー小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年08月10日

「ハンニバル(上下巻)」 著者: トマス・ハリス

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

東北の酷暑からの一気に10℃以上も下がった最高気温に
ガクブルで、コタツまで出してしまった方もいたそうです
よ!!。(@n@;

さて、別な意味での寒さはいかがでしょうか?

***「ハンニバル(上下巻)」***

ハンニバル(上下巻)」  新潮文庫

著 者: トマス・ハリス 訳:高見浩 
発行:新潮社

内 容
「羊たちの沈黙」の続編
監獄からの血みどろの逃亡から7年後、平穏に過ごして
いたレクター博士に復讐の魔の手が・・・

著 者: トマス・ハリス

主な著作
「レッド・ドラゴン 上下巻」 ハヤカワ文庫
「羊たちの沈黙 上下巻」 新潮文庫

「羊たちの沈黙」や「ハンニバル」を映画で見た方も、
多いのではないでしょうか?

「ハンニバル」、映画とは違う、意外なラストに
賛否両論といったところでしょうか?
改めて、小説で読んでみるとまた違った感慨があるかも
しれませんよ?

                      「古本のりょくし堂」のきむらでした。
  
   古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂


posted by きむら at 17:10 | ホラー小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする