2018年07月19日

「ちびねこグルのぼうけん」世界傑作童話シリーズ

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

熱中症で救急搬送された方のニュースが毎日、とびかっ
てますね〜!!
ほんと、暑くてクラクラだるだるになりますが、水分補給
を忘れずに、気を付けて過ごしたいものですね!

さて、夏休みの読書感想文にかわいい猫ちゃんの本など
いかがでしょうか?

***「ちびねこグルのぼうけん」***

ちびねこグルのぼうけん」 世界傑作童話シリーズ

著 者:アン・ピートリ 訳:古川博巳・黒沢優子 
  絵:大社玲子
発行:福音館書店

内 容
新しい飼い主のジェームズさんと奥さんはねこの言葉が
わからないことにイライラの子猫のグル。
短気なグルは、「ちくしょう!」が口癖。
ねこの言葉がわかる人たちと出会い、成長していく
グルの姿が描かれています。 

著 者:アン・ピートリ

:大社玲子
主な著作
・くろグミ団は名探偵シリーズ 岩波書店
・だめといわれてひっこむな 東京子ども図書館
・じゃんけんのすきな女の子 学研教育出版  など

本の中でグルは、チョコやアイスを食べてましたが、
ねこにチョコやアイスは中毒症状などを起こすから
あげないようにしないと!!ですよね。

                    「古本のりょくし堂」のきむらでした。
  
   古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂


posted by きむら at 15:58 | 児童書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年07月12日

「なくむしずかん」 みるずかん・かんじるずかん  絵本

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

春から秋にかけて、虫が飛び交う季節ですね!
虫の生体などの図鑑は色いろありますが、鳴き声に注目
した本ってなかなかないですよね!!

***「なくむしずかん」えほん***

なくむしずかん」 みるずかん・かんじるずかん 

著 者:大野正男 絵:松岡達英 もじ:篠原栄太
発行:福音館書店

内 容
図鑑というより見た目、絵本です。
虫の鳴き声の図鑑で、55種もの虫がリアルな絵で描かれ
ています。
まずは、虫の鳴き声が書かれており、
次ページに虫の絵があり、どの虫がどんな泣き声で
鳴くのかがわかります。
巻末には、音を出す仕組みの解説などもあります。

幼児〜小学生くらい

著 者:大野正男
主な著作
・「地面の下のいきもの」みるずかん・かんじるずかん
                    福音館書店
・「昆虫博士入門」全農協・観察と発見シリーズ
                全国農村教育協会
・「飼育と観察」学研の図鑑  学習研究社   
                      など

絵:松岡達英
主な著作
・「冒険図鑑」ー野外で生活するために
       (Do!図鑑シリーズ) 福音館書店
・「だんごむしそらをとぶ」 小学館
・「ぼくのロボット大旅行」福音館の科学シリーズ
                   福音館書店

公園や草むらで耳を澄ませて、虫を楽しめるようになる
素敵な絵本ではないでしょうか?

「古本のりょくし堂」のきむらでした。
  
   古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂


posted by きむら at 17:03 | えほん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年07月06日

7月の特集「夏休みおすすめ本特集」について

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

第159回芥川賞が7月18日に発表されるを前に、なにやら
作家の村上龍氏が第158回を最後に芥川賞選考委員を
退任!やら、盗用疑惑やら、講談社が「美しい顔」を
WEBで異例の無料全文公開!!などとニュースが飛び
交っているようですね〜。

今回の芥川賞!!どーなるんですかねぇ〜

さて、今月の特集です。
  
***7月は「夏休みおすすめ本特集」***

今は昔のように読書感想文も自由研究も工作も全部やら
なきゃ!!(絵や習字もあったような?)
というのではなく、どれかひとつやればいいようですが、
どれかひとつの参考にでもなればと思います。

さて、どんな本を特集しているのか、一部紹介したい
と思います。

・「星空ガイド」 沼沢茂美/脇屋奈々代 ナツメ社

・「もりのむしとのはらのむし
     三芳悌吉/中根猛彦 こどものとも傑作集
                  福音館書店

・「どうぶつえんガイド」 あべ弘士 かがくのほん
                  福音館書店

・「たべられるしょくぶつ
 森谷憲/寺島竜一 かがくのとも絵本 福音館書店

・「かみであそぼう
   小林実(科学教育)/降矢洋子 ほるぷ出版

・「木を植えた男
 ジャン・ジオノ/フレデリク・バック あすなろ書房

・「地雷ではなく花をください」 葉祥明/柳瀬房子
                   自由国民社

・「モンティー」 ジェームズ・スティーヴンソン/
    麻生九美 児童図書館・絵本の部屋 評論社
                    
・「魚になった3兄弟」 立松和平/横松桃子
               日本放送出版協会

・「おしゃべりなたまごやき」 寺村輝夫/長新太
       日本傑作絵本シリーズ 福音館書店
                     など
他にも色々あるので、のぞいてみてください。

どれかひとつだけの上に、日記も毎日じゃなく、
2、3日好きな日を選んで書くだけって、なんか、
な〜んか・・・釈然としないものが・・・あるのは
私だけでしょうか?

    「古本のりょくし堂」のきむらでした。

古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂


posted by きむら at 16:54 | りょくし堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする