2018年03月30日

「青の数学」著者:王城夕紀 と山形の一箱古本市 

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

入学・進学準備はおすみでしょうか?
子どもたちからはよく、算数や数学がきらいとか苦手と
いうようなことを聞きますが、これを読むと数学って
大変そうだけど楽しいのかも!!と思うかも・・・?

***「青の数学」***

青の数学」(全2巻) 新潮文庫

著 者:王城夕紀
発行:新潮社

内 容
雪の日に出会った名も知らぬ女子高生の「数学って何?」
の言葉から始まった。

数学に青春をかける、栢山と数学のコミュニティサイト
の少年少女たちの物語

著 者:王城夕紀

主な著作
・天盆 中公文庫
・マレ・サカチのたったひとつの贈り物 中央公論社
                    
草原に光が雪のように降っているそんな中にいるよう
な物語。

時には美しく広大な数学世界に触れられたかと思うと、
今度は、泥沼の底なし沼に飲み込まれたようにどうし
ようもできなくなるそんな中を苦しみながらも、前に
進んでいこうとする少年少女たちの姿が痛々しくもあ
り、美しくもある、そんな美しい数学の世界にふれて
みませんか?

      「古本のりょくし堂」のきむらでした。


「一箱古本市@山形」 の紹介

県内外から本好きが集まって、1日だけの古本屋を
オープンします。

【日時】 2018年5月5日(土・祝)10時〜15時
     ※雨天決行
【場所】 山形まなび館・前庭 (荒天時は館内)
     山形市本町1-5-19 山形駅から徒歩15分 

カジワラ珈琲さんの珈琲豆の販売と試飲&ドリップ
体験コーナーもあるので、お散歩がてら覗いてみて
はいかがでしょうか?


posted by きむら at 14:11 | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする