2018年01月26日

仙台市太白区西多賀のとんかつ屋「とん兵衛」

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

仙台の西多賀にあるとんかつ屋さん「とん兵衛」
行ってきました♪


住  所:〒982-0034  宮城県仙台市太白区西多賀
     1-22-7
電話番号:022-245-3410

286号沿いのニトリ仙台西多賀店裏側の七十七銀行
西多賀支店の近く

カツやハンバーグなどの定食やオリジナルメニュー、
丼物やサンドイッチなどメニューもけっこうありま
した。

夕飯時あたりだったでしょうか?入り口に電気はついて
いたのですが、ちょっと目立たない感じで、ぼーとして
いると見逃してしまうところでした。

老舗〜な雰囲気の暖簾をくぐると、中は昔ながらの食堂
といった感じ、キッチンが丸見えでちょっとビックリ。

ご年配の方や家族連れが結構いました。
私は、かつ丼をたのみました。

カツとほどよくとろけた卵とつゆとご飯が丁度いい、
味も濃すぎず薄すぎず、おいしくいただきました♪

子どもは、とんかつ定食をたのんだのですが、他の
お店のカツを食べた後だと、衣で口の中が痛くなるけど、
ここのはサクサクしておいしいのに、口の中が痛くなら
ない!! とよろこんでました。

衣や揚げ方の違いなのでしょうか?

お店の雰囲気もいいし、おいしかったのでまた行きたい
です!!

        「古本のりょくし堂」のきむらでした。


posted by きむら at 16:20 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年01月19日

「左手のパズル」絵物語・永遠の一瞬

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

芥川賞・直木賞が発表され、芥川賞・直木賞の話題で
盛り上がっている今日この頃ですが、
昨年、不朽の名作「ポーの一族」の40年ぶりの新作が
話題になった萩尾望都氏の絵物語はいかがでしょう?

***「左手のパズル」絵物語・永遠の一瞬***

左手のパズル」絵物語・永遠の一瞬 

著者:萩尾望都
 絵:東逸子
発行:新書館

内 容
ヴァイオリンを弾く少女、ソフィアと一緒に暮らす
ようになった、チェロを弾く美しい少年のジョシュア
は、左右の区別がつかない。

それをケンカの素にし両親は離婚、委縮するジョシュア
だが、森の館に住む伯父が優しく育ててくれた。

森に住む人外の者たちの世界から、現実の世界へ
いざなうソフィア。ジョシュアは、・・・

著 者:萩尾望都

作品
「ポーの一族〜春の夢〜」
          フラワーコミックススペシャル
「11人いる!」 小学館文庫 
「トーマの心臓」 小学館文庫
                   など他多数

:東逸子

作品
「魔女のひきだし」 MOE BOOKS
「サンタクロースっているんでしょうか?」偕成社
「月光公園:The moon park」ミキハウスの絵本
                   など他多数

萩尾望都氏の物悲しい美しい文章と東逸子氏の幻想的な
絵が不思議な世界へと引き込んでいきます。

        「古本のりょくし堂」のきむらでした。

古本のりょくし堂はこちら⇒りょくし堂


posted by きむら at 15:44 | ファンタジー小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年01月12日

「スタ-ライトシリーズ  火浦功 集英社文庫」

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

2018年になってはや12日、みな様お元気でお過ごし
ですか?
おもちやおせちの食べすぎで、ちょっとお腹がが・・・
なんて方も多いのではないでしょうか?

ちょっと笑って腹筋を使うのはいかがでしょう?

***「スタ-ライトシリーズ
           火浦功 集英社文庫」***

「スタ-ライトシリーズ  火浦功 集英社文庫」 
 ・スターライト・だんでい
 ・スターライト・ぱにっく
 ・スターライト・こねくしょん

著者:火浦功
 絵:ゆうきまさみ
発行:集英社

内 容
開拓者擁護局の調査員、鳴海甲介(通称ボギー)は
辺境の植民地の調査のため宇宙船に乗ったが、そこに
は密航者が!

密航者の16歳の少女ジギー、その少女には振り回され
まくるわ、世界征服をたくらむ悪の秘密結社
「ブラック・ハンド」には命を狙われるわの、
堅物のボギー

ボギーの命運は?

ボギーとジギーの、どたばたコメディ
一応、ハードボイルド小説?

著 者:火浦功

作品
「昭和な街角」毎日新聞出版 ミューノベル
「未来放浪ガルディーン 全5巻」角川スニーカー文庫
「スターライト・ぱ〜ふぇくと!」ソノラマノベルス
                   など他多数

:ゆうきまさみ

作品
「機動警察パトレイバー」少年サンデーコミックス
「究極超人あ〜る」少年サンデーBOOKS
「白暮のクロニクル」ビックコミックス
                   など他多数

コバルト文庫で、こんな大笑いできるどたばたコメディ
が読めるとは思いませんでした。
スーパーファンタジー文庫で、出しなおされてます。
休みぼけの頭に丁度いいのではないでしょうか?

        「古本のりょくし堂」のきむらでした。

古本のりょくし堂はこちら⇒りょくし堂


posted by きむら at 16:04 | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする