2017年10月27日

おすすめ小説:「大伝説の勇者の伝説」著者:鏡貴也

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

一難去ってまた一難、な感じで次々と台風がやってきま
すね〜

時期的なのか、学校行事も外行事が多いですよね。秋の
運動会や校外学習とか、みな無事に終わってくれると
いいですね♪

さて、読書週間に今日から突入!どんな本を読んで
みたいですか? さぁ、本の紹介です。

*** 「大伝説の勇者の伝説」  ***

 「大伝説の勇者の伝説」  富士見ファンタジア文庫  

著 者:鏡貴也

発行:富士見書房

内 容
「伝説の勇者の伝説」の続き

「伝説の勇者の伝説」
ローランド帝国王立特殊学院の劣等生ライナは、敵国が
戦争を仕掛けてきたことにより戦争に送り込まれた。
戦後、ローランド帝国のため国王のシオンと共に動き
始めるが・・・

大伝説の勇者の伝説
闇落ちしたローランド帝国国王のシオンの異変に気付いた
ライナは、シオンを救うため動き出す。

著 者:鏡貴也

主な著作
終わりのセラフ 講談社ラノベ文庫
        ジャンプコミックス 原作

堕ちた黒い勇者の伝説 富士見ファンタジア文庫

黙示録アリス MFコミックス KADOKAWA 原作
                                    

むかーし、ファンタジー小説のおすすめで検索したとき、
「大伝説の勇者の伝説」がよくおすすめ本上位に載って
ました。
その頃は、ラノべ全盛期だったころでしょうか、ラノべ
がいっぱいおすすめに載ってましたね。

小野不由美氏、上橋菜穂子氏、萩原規子氏辺りは、
定番でおすすめされてますよね。新海誠氏、田中芳樹氏
はアニメ化で話題になってますよね。

鏡貴也のシリーズは長編ばかりなので、読み始めると
大変そうなイメージはありますが、お正月などに一気
読みとかどーでしょう?                 

       「古本のりょくし堂」のきむらでした。

古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂


posted by きむら at 17:05 | ファンタジー小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年10月20日

おすすめ絵本:「魔女のたまご」

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

15日(日)は宮城県塩釜市 塩竃市公民館本町分室
での「塩竃・子どもの本の一箱古本市」に参加してきました♪
「しおがま絵本村 あきまつり2017」と同日開催で、
「おはなし会」「絵本あそび」クイズやパズル、ワーク
ショップなどでも遊べ、楽しいイベントでした。

石巻まちの本棚の方や、JPIC公式読書アドバイザーの方とか
も出店していて、選りすぐりの絵本の数々・・・

売りに行ったはずが、自分用に欲しい本がいっぱい!!
そして、ワークショップではバーバパパに好きな布を貼り
つけて、オリジナルなバーバパパを作るというのがあった
のですが、柄選びが悪く、バーバグランマになって
しまいました(= =;) トホホ・・・

さて、本の紹介です。

***「魔女のたまご」   ***

 「魔女のたまご」 あかねせかいの本  

著 者:マデライン・エドモンドソン
絵:ケイ・シューロー
訳:掛川 恭子
発行: あかね書房

内 容
魔女のアガサは、人を怖がらせるのが仕事。
毎日、人を怖がらせ、テレビをみて過ごします。

ある日、アガサの肩掛けにカッコーが卵を置き去りに
していきます。

鳥たちは自分たちが育ててあげるといいましたが、
へそ曲がりのアガサは自分で育てると卵を温め雛を
かえします。

マジョドリと名付け、虫を取り育て、魔法を教え、
一緒に人をおどかし楽しく暮らします。

でも、南に渡り鳥たちと一緒に行きたがるように
なったマジョドリにアガサは・・・


著 者:マデライン・エドモンドソン

主な著作:「魔女のたまご」あかね書房


アガサの偏屈さがかわいく、種は違えど、親子の愛情に
満ちた、ほっこりするお話です。                 

       「古本のりょくし堂」のきむらでした。

古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂


posted by きむら at 11:59 | えほん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年10月13日

置賜と会津の一箱古本市と「塩竃・子どもの本の一箱古本市」について

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

山形県置賜と福島県会津若松市の一箱古本市
行ってきました♪

8日(日)山形県置賜市の川西町フレンドリープラザ
一箱古本市は、フレンドリープラザ入り口通路での開催
でした。
16日間にわたる「Book!Book!Okitama2017」の最終日
10月8日に行われた、一箱古本市、たくさんの本好きの方々、
親子連れなどがたくさんの一箱のお店を巡ってました
一箱古本市以外にも、「なんでも工作広場」や「バタバタ
本のトリをつくろう!」や「紙のもの市」「1day cafe」
「遅筆堂文庫での企画展やブックトーク」などのイベント
もあり、カレー屋さんや、芋煮屋さんなど色々なおいしそ
うな食べ物屋さんもたくさんあり、本、人、店、まちが
つながり、心が通うステキなイベントでした。


9日(月・祝)は、福島県会津若松市 東邦銀行会津支店
南側パーキングでの開催でした。
一箱古本市の向かいには、「旅するマルシェ」の方々、
ケバブやカフェ、パン屋さんなどのおしゃれなお店が並び、
隣の通りは、かなりの距離での歩行者天国イベント!
いろいろなお祭り屋台が並び、舞台では歌や踊りが披露され、
ミニ機関車やくじ引きなど食べて見て遊んで、そして一箱にも
足を運んでくれ、たくさんの方々が本を楽しんでいました。

どちらもお天気に恵まれ、とてもにぎやかで活気にあふれた
とてもたのしいイベントでした。
参加させていただき、ありがとうございました w(^ ^)w
お買い上げいただいた方々にも感謝です。m(_ _)m


さて、
15日(日)は宮城県塩釜市 塩竃市公民館本町分室
での「塩竃・子どもの本の一箱古本市」
10時〜15時です♪
「しおがま絵本村 あきまつり2017」と同日開催です。
「しおがま絵本村 あきまつり2017」は、
   塩竃市杉村惇美術館10時〜16時 入場無料 
「おはなし会」「絵本あそび」クイズやパズルなど
他にも色々なワークショップなどがあります。

子どもも大人も絵本や本を楽しめるイベントになって
いるので、イベントを楽しんで、子どもの本の一箱古本市
も覗いてみるのはいかがですか?

          「古本のりょくし堂」のきむらでした。

古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂


posted by きむら at 14:35 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする