2017年06月30日

おすすめ小説:「魔術はささやく改版」 宮部みゆき

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。

沖縄が梅雨明けしたかと思えば、東北は梅雨入り
です。やっと、紫陽花も咲き始めました♪

さて、今回のおすすめです♪

***魔術はささやく改版」 宮部みゆき***

魔術はささやく改版」  新潮文庫
 
著 者:宮部みゆき 
出版社:新潮社 

内 容
デート商法で詐欺をしていた4人の女性の座談会が
雑誌に曝され、2人が自殺、3人目がタクシーに
はねられた。

そのタクシーの運転手の浅野大造は、女性が自分から
飛び込んできたと主張するも、拘留される。

浅野大造の甥の守は、父が公金を横領し失踪、母も
亡くなり浅野大造の家で世話になっていた。

守は、浅野大造の交通事故に疑問を持ち調べ始める。

事故の真実とともに、叔父の事故の目撃者として
名乗り出てくれた吉武の正体や、守の父親の失踪
の真実など、守の過去の真実もあらわになって
いく・・・

著 者: 宮部みゆき

作 品
「火車」 新潮文庫
「ステップファザー・ステップ」 講談社文庫
「ソロモンの偽証」全6巻 新潮文庫
                  他多数

宮部みゆき氏の本は、題名からして魅かれるもの
がありますよね。
まずは1冊、手に取ってみてはいかがですか?

      「古本のりょくし堂」のきむらでした。

古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂


posted by きむら at 17:53 | ミステリー小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年06月23日

「日本人なら知っておきたい日本文学」 著者:蛇蔵/海野凪子

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。

来月7月に宮城県の石巻市で一箱古本市が開催さ
れます。一箱古本市の他にもいろいろイベントが
あるみたいなので、お散歩がてら、観光のついで
にでものぞいてみませんか?

「第6回石巻一箱古本市2017」
 日時:2017年7月22日(土) 11時〜16時
 場所:石巻市中心商店街各所
  HP:http://bookishinomaki.com/event/
  ツイッター:https://twitter.com/isnmk_hondana

さて、今回のおすすめです♪

***「日本人なら知っておきたい
                                     日本文学」***

日本人なら知っておきたい日本文学
 
著 者: 蛇蔵/海野凪子
出版社: 幻冬舎

内 容
日本文学をマンガでわかりやすく解説してあります。

有名な日本文学上の有名人物「清少納言・紫式部・
藤原道長・安倍晴明・源頼光・菅原孝標女・鴨長明・
兼好・ヤマトタケル」の9人を独自の解釈を加え
ながら、書いた人の人となりから面白おかしく
描かれてます。

著 者: 蛇蔵/海野凪子

作 品
「日本人の知らない日本語」1〜4巻 
                メディアファクトリー

蛇蔵 「決してマネしないでください。」 
          モーニングコミックス 講談社


ベストセラー『日本人の知らない日本語』1〜4巻
の著者の本です。

小難しそうな古典が、昔の人たちがとても生き生きと
楽しく描かれていて、身近に感じられ、古典って
おもしろいかも〜っと思えちゃう、古典文学も読んで
みたくなる本です。

教科書の前にまずは、これ!!ですかね♪

      「古本のりょくし堂」のきむらでした。

古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂


posted by きむら at 14:45 | 教養書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年06月16日

「いわき街なか一箱古本市」に行ってきました!!

こんにちは、「古本のりょくし堂」のきむらです。(^ ^)/

2017年6月11日(日)に「いわき街なか一箱古本市」
行ってきました!!

仙台を朝6時すぎに出発して、一般道で休憩はさみながら
行ったら、いわきまで4時間ほどかかってしまいました。

受付10時30分までで、けっこうギリな感じでした(^^;

36畳ほどの坂本紙店前の広場に18店舗ほどが並び、
晴れてよっかたなぁと思ったのもつかの間、遮るものも
日陰も(店舗すぐ前以外)なく直射日光ガンガンで、
なんつーかもう、マジあっつかったです(=.=;)

みんな人通りのないときは、僅かな日陰や風の通り道を
みつけたりして、日陰に避難しながらお客様来た時だけ、
店に戻るみたいなかんじでした(^^

いやぁ、どこのお店の品ぞろえも濃ゆい!!なんかうち
フツーな感じのばっかで浮いてる?と思うくらい濃かった
です。
お隣もお向かいも真さに古書〜!!な品ぞろえ、他も
美術本や映画関連のものや教育関連や、本屋さん関連
の本などもあり、みなさんのそれぞれのこだわりが
ギュッと詰まった本棚の数々でした。

結構ほっしいなぁ〜(個人的に)と思う本がいっぱい
あって、でもこれ以上本を増やすのもなぁとかいろいろ
葛藤していたら、買いそびれてしまいました。(T.T)

その日は平中央公園でアリオス・パークフェスや、近くの
通りでシャボンリーとかのイベントもしていたのですが、
場所的にも本当に本好きの人がチラシをチェックして来る
感じですよ〜とお向かいの方が教えてくれました。

近くで撮影会でもあったのでしょうか?それともどこかの
店主さんのお知り合いでしょうか?途中、一眼レフや二眼
レフカメラを提げた集団さんがきて、店主さん達とカメラ
談義をしてました。すごいカメラでした!!

そして、暇なので代わる代わるいろんな店主さんが見て
回っていて、お互い身内買?も多かったように思います。

中には、持ってきた一箱と同じくらい買っちゃったという
方もいたようで、本好きの人があーゆー空間にいるとつい
つい欲しくなっちゃって泥沼にハマっちゃう感じですよね♪

暑かったけど、楽しい一日でした。
何度か一箱古本市に参加させていただいて、古本屋とか
ではないけど、一箱古本市店主常連で各地を巡っている
方々の気持ちがわかりました。

なんか、楽しい!!また、一箱古本市の店主やりたく
なりますもん♪超緊張して、接客もたどたどしいの
ですが・・・ (・・; すみません(-_-;)
本もわからないことだらけですし・・・ f(++; 
いや、ほんとすみません f(++;
いつも、頭真っ白ですよ〜。でも、あーゆう本に囲まれて、
楽しそうに本を見ている人たちがいる空間がいいですね♪
いろんなとこ行ってみたいものです。 といっても、
旦那に車だしてもらえないと仙台市内か近郊以外は
難しいのが現状ですが・・・

首回りの日焼けが、5日たったいまでも火傷状態でマジ
イタイです。(;x;)
もしまた行けるときは、陽射し対策必須!!です!!

第2回目を今年の11月12日(日)に予定しているそう
なので、ご興味のわいた方、立ち寄ってみてはいかが
でしょうか?

第2回開催予定について
日時:2017年11月12日(日) 10時〜15時
場所:坂本紙店前広場(雨天時は同店2階ホール)
   (福島県いわき市平字一町目15番地)
   https://hitohakoiwaki.jimdo.com/
   https://twitter.com/hitohakoiwaki

          「古本のりょくし堂」のきむらでした。

古本のりょくし堂はこちらから⇒りょくし堂


posted by きむら at 14:21 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする